ヤチリハのブログ

奥田裕先生の活動報告vol.4

チリでの生活について

 

こんにちは。新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。休職中の理学療法学科教員の奥田です。現在、青年海外協力隊で理学療法士としてチリで活動しています。

 

今回はチリでの生活について、中でも食生活についてお伝えしたいと思います。

 

基本的に青年海外協力隊員はホームステイであり、私もホームステイをしています。ホームステイということで、チリの文化に触れる機会が多くあります。食事もチリの家族と一緒にしているため、チリの食文化も体験することができています。

 

食事に関して、チリの主食はパンになります。チリの生活を紹介する本などでは一日に5食くらい食べるというものもありますが、基本的には日本と同じ3食です。朝食のデサジューノ、昼のアルムエルソ、夜のオンセです。デサジューノとオンセはパンとコーヒーか紅茶で、チリは昼食がメインになっています。パンは非常に安く、よく食べられているマラケタという柔らかいフランスパンは一つ100ペソ(20)です。そのため、多くの人が袋いっぱいに毎日マラケタを買っている姿を見かけます。このマラケタやアジュージャと呼ばれるパンにバターを塗ってハムやチーズやアボガドなどと一緒に食べるというのが一般的な朝食やオンセです。私は個人的に朝と夜がほとんどパンだけの生活に耐えられないので、朝はヨーグルトと果物を出してもらって食べるようにしています。

 

1

↑↑↑ある日の朝食です。マラケタと呼ばれるパンとアボカド、洋梨です。

 

朝食に関して日本と異なる点で驚いたのは、チリの小学生は朝食も学校で食べます。また、大人も職場に着いた後にパンやコーヒーを買いに行って職場で朝食を食べてから仕事を開始するという人が多いようです。チリはコーヒーの産地のブラジルやコロンビアなどの国に近いのでコーヒーは美味しいのかと期待していたのですが、コーヒーは殆どインスタントで、ちょっとがっかりです。私が紅茶やコーヒーを飲む時に砂糖なしで飲むと、いちいちびっくりされるくらい当たり前のようにみんなたっぷり砂糖を入れて飲みます。南米でよく飲まれる「マテ茶」に関してもチリの女性は砂糖をたっぷり入れて飲んでいます。

スペイン語の授業で夜ご飯は「セナール」と習いましたが、チリでは夜ご飯に特別にしっかりとご飯やスープなどを食べるときに「セナール」と言い、日常のパンとコーヒーの時は「オンセ」と言います。また、パンに塗るジャムの種類の一つで「マンハール」があります。中南米ではよく食べられているみたいですが、名前は国によって様々らしいです。総称すると「ドゥルセデレチェ」で、訳すと「牛乳の甘いやつ」です。牛乳に砂糖を入れて煮込んだジャムですね。見た目はピーナッツバターですが、味はキャラメルに近いです。チリの多くのお菓子に使用されています。最初は甘すぎて苦手だったのですが、最近はないと物足りないような存在になりつつあります。日本人が海外に行くときに梅干しやみそ汁を持っていくような感覚で、チリの人は海外に行くときにマンハールを買っていくそうです。チリの人たちにとってマンハールは美味しいものの代名詞のようなもののため、美味しいものを食べた時に「ウーン、マンハール」と言うことがあります。これは、インターネットで「マンハール」と日本語で検索してもその動画を見ることができると思います。

 

昼食は多様です。その中でも私が好きなのは、「カスエラ」という名前の肉とジャガイモを煮込んだスープや、鶏肉や豚肉ご飯がセットになったプレート、肉が入った雑炊のような「カルボナーラ」などです。豆を煮込んだスープもよく出てきます。日本のようにおかずがたくさんあるような食卓ではなく、だいたい一人一皿で食事が出てくる感じです。サラダなどはその皿に各自盛り付ける感じです。サラダで最初慣れなかったのが「ベテラガ」と呼ばれる紫色の野菜です。日本では「ビーツ」と呼ばれるみたいです。カブのような感じでこのベテラガには鉄分が多く含まれているようで、出てきた時にはなるべく積極的に食べるようにしています。

 

2

↑↑↑「カスエラ」

 

3

↑↑↑「プレートのランチ」

 

4

↑↑↑「カルボナーラ」

 

5 6

↑↑↑「豆のスープ」

 

また、お祭りの時などによく食べられるのがエンパナーダです。少し固いパン生地の中に炒めた肉と玉ねぎとゆで卵、オリーブが入っています。場所によって味は結構違いますが、田舎のエンパナーダは美味しいです。中にたっぷりのチーズを入れて揚げたエンパナーダフリータは子供たちに人気です。また、チリの人たちは「アサド」と」呼ばれるバーベキューが大好きで、家族の誕生日、お祭り、何もなくても週末に・・・など、年中アサドをします。日本の焼き肉やバーベキューとは違い、大きな肉を豪快に焼きます。肉は豚肉や鶏肉が多いですが、「ディエシオーチョ」と呼ばれる918日のチリの独立記念日のお祭りには羊肉をたくさん食べます。チリはワインの国でもあるので、アサドとチリワインの組み合わせは最高ですね。

 

7

↑↑↑「エンパナーダ」

 

8

↑↑↑「エンパナーダフリータ」

 

9 10 11

↑↑↑豪快なバーベキュー!

 

12 13

↑↑↑「ディエシオーチョ」

 

チリの人たちと食事をして感じることは、チリの人たちは肉は肉、サラダはサラダ、パンはパン、として楽しんでいることが多いと感じます。スープのカスエラも、先にスープを飲み干してから肉や野菜を食べる人がほとんどです。逆に考えると、日本人は、ご飯と魚、ご飯と肉、甘いケーキと苦いお茶やコーヒー、餃子とビール、など、何かと何かを組み合わせて食を楽しんでいることが多いなと、改めて思うことがあります。今回は食に関してでしたが、このような多文化を経験することによって、改めて日本人について、日本の文化についての発見があることは、海外生活の賜物の一つですね。

新入生歓迎会(BBQ)の準備の様子!

4月14日(晴れ)

 

7名の教員に手を空けていただき

22日の交流会(BBQ)で使う焼き台の配置を確認中。

 

IMG_6313

 

15人で焼き台を使えるスペースはあるかな?

焼き台を20台も置けるかな?

晴れて欲しい!!

 

ただただ桜を楽しんでいるわけではありません。

 

満開の学院の桜、綺麗だったなぁ…。

今井学院長の熱血指導!

八千代リハビリテーション学院、学院長の今井基次先生が、今年卒業した卒業生に対して実技を直接指導されていました。

 

IMG_4280 IMG_4281

今井学院長はPNF(Proprioceptive Neuro−muscular Facilitation)という神経筋促通手技についての論文や書籍を数多く手がけられています。

しかし、現在学院長は実技の授業を持っていらっしゃらないので、直接実技を教わる機会はなかなかありません!

卒業生の質問に対して、一つひとつ熱心に指導されていました。

 

学院長自身が患者役になって、卒業生が行う操作に対して指導する場面もありました。

IMG_4282

この卒業生はとても緊張したでしょうね~。

しかし、得たものはとても大きかったと思います。

 

また、いつでも勉強しに来てくださいね。

平成29年度 入学式

29年入学式学院長

平成29年4月1日(土)八千代リハビリテーション学院の入学式が執り行われました。

理学療法学科、作業療法学科、合計154名の新入生が入学しました。

29年入学式UP用講堂

入学式には98家族、124名の保護者の皆さま、大勢の方にご参列いただきました。

29年入学式新入生宣誓

理学療法学科の須田晃平さんが新入生代表で宣誓をしました。

とてもすがすがしく、希望に胸膨らむ宣誓でした。

 

29年入学式UP用

初めてのホームルームはドキドキです……

 

29年入学式お茶席 29年入学式お茶席2

保護者の皆様には、ささやかですがお茶席を設け、お祝いさせていただきました。

新たな気持ちで未来への一歩を踏み出します。

新入生の皆さま、ご入学おめでとうございます!!

 

 

送別会

出会いと別れの季節ですね

imgres

 

八千代リハビリテーション学院でも

教職員の異動があります

 

 

OT学科1年生が

異動する先生方の

送別会を計画し、開いてくれました

 

image1
 

後ろの黒板のデコレーションに

作業療法学生らしさが現れていますね♪

 

 

 

 

一生懸命学生に指導してくださったお二人

 

学生も

私達、教職員も

ただただ名残惜しいばかりですが

 

新天地でのご活躍をお祈りしています♪

 

 

学生のみなさん

自分たちの卒業式で

異動された先生方に成長した姿が見せられるように

 

一緒に頑張っていきましょう!

 

IMG_0361 (2)

カンボジア研修 二日目

アンコール小児病院にて研修

①アンコール小児病院

カンボジアの医療とアンコール小児病院の説明を受け

カンボジアの理学療法士さんに

ヤチリハの学生さんが質問!

 

ガイドさんに通訳してもらい

答えてもらいました

②アンコール小児病院 質問

 

寄付のおかげで

患者様に手厚く医療を施し

地域の患者支援、国家の医療教育にも貢献する

なくてはならない病院になったことを知ったヤチリハ学生は

 

 

アンコール小児病院でお土産を

爆買い(笑)

 

単純ですが、もっともwin-winな支援

しかも品質は良いものばかりのお土産でした

 

クロマー(カンボジアの万能スカーフ)

マウスパッド、ボールペン、マグカップ、陶器、石けん、テディベア

 

Tシャツ

Tシャツ

 

寄付金をお渡しし、感謝の気持ちを伝えました

病院スタッフとのツーショットも!

③アンコール小児病院 ツーショット

 

地域リハを実践する様は

カンボジア、アンコール小児病院に学ぶべき事が多くあるのではないかなと感じました。

 

 

次は

ハンディキャップセンターへ

 

内戦が続いたカンボジアでは

地雷や手榴弾により四肢を失う方が数多くいます

 

その方々に義肢を提供する施設です

 

吊橋のような平行棒

④ハンディキャップセンター 平行棒

 

日本のリハ室では考えられない足場ですが

 

生活の場にもどるためのリハビリ

という視点は

カンボジアも日本も同じですね

 

 

手榴弾で手を失った患者様用の義手

⑤義手

マニキュアが塗ってありますね☆

手の義肢はコスメティクス(見た目の美しさ)の要素も

重要とされており

カンボジアでも実践されていました

 

寄付をお渡しし、感謝の言葉を伝えます

⑥ハンディキャップセンター 寄付

 

義肢に関しては

文化や戦争などとの関連も色濃く

今回の研修でまだ分からないことばかりだったと思いますが

 

来年以降の学びのモチベーションが上がる

良い経験になったのではないか、と思います。

 

 

ワットタマイへ移動

⑦ワットタマイ (3)

ポル・ポト政権下での大量虐殺

その頭蓋骨が埋葬されています

カンボジアの悲しい歴史をガイドさんに説明して頂きました

⑧ワットタマイ パレット (2)

 

後ろの建物のガラスの中には

虐殺の被害にあった頭蓋骨が隙間無く並べられています

 

 

日本が平和だということ

当たり前、という感覚は贅沢と無知の結晶であり

広く異文化と歴史を知ることの大切さを知りました

 

仏様の前で

みんなで集合写真

⑨ワットタマイ 集合 (2)

 

 

おいしい昼食を食べ

ひと休憩したら

 

世界遺産

アンコールワットへ

⑩アンコールワット 外 (2)

回廊を歩き

⑪アンコールワット 回廊

 

アンコールワットの中心へ

クメール民族は

アンコールワットを宇宙の中心と考え

39年の年月をかけてアンコールワットを建設しました

 

偉大なアンコールワットの中心の天井を背に

円陣を組んでパシャリ

⑫アンコールの中心

 

遺跡を更に進みます

⑬アンコール 遺跡内

みんなマーケットで買った

ズボンに履き替えてますね!

 

 

疲れは

⑭森でジャンプ (2)

ジャンプで吹き飛ばす

理学療法士を目指す学生らしい

疲れた時の対応ですね(笑)

 

 

丘を登り

プノンバケンという遺跡で集合写真を撮りました

⑮丘の上の遺跡 (2)

 

夕飯はアプサラダンスショーを鑑賞しながら

⑯アプサラダンスショー

 

 

バイキング♪

⑰バイキング

 

 

ステージに上がって

ダンサーと記念撮影

⑱ダンサーと撮影

 

 

途中、休憩を挟んで

寝る、シャワーを浴びる

などゆったり身体を休ませたり

 

散策、マッサージを受ける

とアクティブに過ごしてみたり

 

 

想い想いの時間を過ごせたのではないでしょうか

 

 

 

カンボジア研修二日目

とても学びが多く

深く文化に触れることができた

とてもステキな1日だったと思います☆

アクティブラーニング研修

ヤチリハの教職員7名が

福岡保健学院のグループ校にて開催された

アクティブラーニング研修に行ってきました

全体の様子

写っているのは

全てグループ校の教員です

すごく多いですね

僕もびっくりしました!

 

もう一つ、着目してほしい点は

『机を向かい合わせにする』ことです

 

 

 

さて、アクティブラーニングってなに?

体操

身体を動かして、勉強?

ではありません

 

 

ガリ勉

はちまきを巻いて勉強

 

search

汗をかくほど手を止めず勉強

 

ではありません

 

 

 

 

 

 

ヤチリハでの勉強と

高校までの勉強

 

何がどう違うのでしょうか?

進学を検討中のみなさんも気になっているところだと思います

 

ざっくりとポイントを絞って説明すると

専門学校・大学などの成人教育は

『自分から進んで』

『経験を重視して』

『役割意識を持って』

『すぐに役立つことを』

『問題解決するために』

『仲間と協力して』

『教員と学生が一緒に計画をして』

行うのが望ましいとされています

 

 

テストの点数を取るために

友達と競うために

いずれ役に立つ(受験)ことを

科目ごとに

先生から学ぶ

高校までの受験ベースの勉強とは大きく異なります。

 

 

どちらがいい、悪い、ということではなく

成人期だからこそできる考え方なんですね♪

 

 

 

そこで重要になってくるのが

授業・実習を行っていて困ったこと

グループワークです

だから『机を向かい合わせにする』んですね

高校よりもグループで学ぶ時間が増えると思います

 

 

手前のカラフルな付箋は

『授業・実習を行っていて困ったこと』を

教員が意見を出し合い、まとめたものです

 

 

 

奥にあるパソコンでまとめて

グループ発表

 

プレゼンテーションをします

 

 

 

付箋で意見を出し合う

意見をまとめる

資料を作って

発表する

 

アクティブだと思いませんか?

 

 

ヤチリハでは

みなさんが自ら進んで

教員・仲間と対話をしながら

深い学びが得られるように

 

教職員もアクティブに学び続けています♪

 

奥田裕先生の活動報告 vol.3

八千代リハビリテーション学院の皆さん、卒業生の皆さん、入学を希望している方、こんにちは。JICA青年海外協力隊で理学療法士としてチリで活動をしている、現在休職中理学療法学科教員の奥田です。

今回3回目の報告になります。1回目は青年海外協力隊の紹介、2回目は派遣前訓練の紹介をしました。今回3回目は実際の活動について大まかに紹介していきます。

青年海外協力隊は1次隊~4次隊の計41年間に派遣されますが、私は平成28年度1次隊として派遣されました。1次隊は4月から訓練が始まり、6月中旬に訓練が終了し、各市町村役場と都道府県庁に表敬訪問を行った後、6月下旬~7月上旬に各国へ出国となります。チリに来てから1ヶ月間は首都サンティアゴでの赴任時オリエンテーション、語学研修などを実施し、その後各任地へ配属されます。写真はチリの首都のサンティアゴです。サンティアゴは近代的な街で地下鉄も走っており、東京と変わらないような生活ができます。

1

2

私が活動しているのは日本の真裏にある南米のチリという国です。細長~い国ですね。地図で確認してみてください。南北に細長い国だけに国内でも地域によって気候が異なります。首都のサンティアゴ周辺は地中海性気候となり、日本と同様に四季がありますが、異なる点として日本が夏の時にチリは冬で日本が冬の時にチリは夏です。また冬は湿気が多く夏は乾燥しています。チリと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?酒好きの人はワイン?、旅行好きの人はイースター島・パタゴニアなどを思い浮かべるでしょうか。チリという言葉から辛い物をよく食べる国のように想像する人もいるかもしれませんが、チリではあまり辛い食べ物を食べません。スポーツはサッカーが盛んで、最近の選手ではアーセナルのアレクシスサンチェス選手がチリの選手になります。このブログの最後に簡単なチリのデータを記載しています。

私の任地はチリの首都のサンティアゴから南にバスで約3時間半(200km)のウアラニェ市(Hualañe)という人口約1万人の小さな町になります。

3

4

5

6

配属先は市役所です。

7

チリでは日本と同様に高齢化が進んできており、高齢者を中心に健康増進・障がい予防に関わるというのが主な要請内容です。他のJICAボランティアの理学療法士は病院など理学療法士が勤務する施設での活動となりますが、市役所で同僚に理学療法士がいない状況での活動は稀な例だと思います。

現状の主な活動として、月曜日~金曜日(水曜除く)の午前中は私専用の小さな治療室で個別の理学療法を実施し、午後は急性期脳卒中患者や寝たきり患者などの家に訪問しての訪問理学療法を実施しています。水曜日は1日スエニョスシンリミテス(直訳すると「制限のない夢」)という市の障がい者でお金を集めて運営している障がい者グループのところに行って個別の理学療法を実施しています。他に、木曜日の午後は小学校に訪問し学校専属の理学療法士と一緒に小児理学療法を実施しています。

また、日常の活動とは別に、デスクワーカー向けの職場で行う体操の冊子を作成し、実際に市役所の同僚や近所のスーパーの労働者などに対して体操指導を実施しました。また、市で大きなハンドボールの大会があった時に、理学療法士として参加したこともありました。その他、市役所が実施する市の催し物の手伝いをしたりすることもあります。

現在、チリに来てから半年以上が経過し理学療法士の視点から見て様々な問題点を発見することができます。例えば、一般市民の運動不足、偏食・高カロリー食による肥満や糖尿病、脳卒中後のリハビリテーションがほぼ皆無、チリではサッカーが盛んに行われているがそのための身体作りやウォーミングアップなどは殆ど行われておらず、その中で激しいコンタクトが行われるため怪我人が非常に多い、・・・など挙げればキリがありません。私の場合は活動期間が19ヶ月という期間になるので、残り約1年間という限られた期間に何ができるかと考えていますが、自分ができることを探し関わっていきたいと思います。


チリ共和国
首都:サンティアゴ
面積:756,000平方キロメートル(日本の約2)
人口:約1800万人(日本の約1/7)
言語:スペイン語
通貨:ペソ(100ペソ:約20)
経済状況:GDP 240796USD(世界42)(20172,WDI世界銀行)
2017
年に援助卒業国となる予定
主要輸出品目:銅,サケ・マス,木材・チップ,モリブデン等

JICA国際協力出前講座

JICAの西田尚さんが1年生を対象に出前講座にいらしてくださいました。

IMG_8067アップ用

西田さんは理学療法士で中米エルサルバトルなどにJICAシニア海外ボランティアとして活動されていました。

IMG_8018アップ用

西田さんの講義を真剣な眼差しで聞く学生、いつもの授業より真剣です。

IMG_8047アップ用

グループディスカッションで「なぜ生きるのか」を話し合いました。

IMG_8054アップ用

グループで話し合ったことを発表しました。

IMG_8067アップ用

西田さん、ありがとうございました。

 

カンボジア研修 初日

カンボジア研修へ

 

しゅっぱーつ!!

①出発

 

 

シェムリアップ空港到着!

②シェムリアップ空港到着

 

 

レストランで料理を食べて

③レストランでクメール料理

 

ナイトマーケットへ

④ナイトマーケット

 

 

クロマーという、カンボジアの特産の万能布を買ったり

  ⑤クロマ−

 

マッサージを受けたり

  ⑥マッサージ

 

 

ドクターフィッシュにTryしたり

  ⑦ドクターフィッシュ

 早くも異文化に触れ、刺激を受けたのではないでしょうか?

 

 

 

パブストリートへようこそ!

 ⑧パブストリート

 

パブっぽい?

  ⑨パブストリート男子

 

 

このメンバーの方がパブっぽい?

  ⑩パブストリート 夜間

 

 

この明るく賑やかな通りのなかで

 

やせ細った赤子を抱き

落としてもらったお金で生活をする人もいます

 

こういった事実を知ってるでしょうか?

知った上で考えるでしょうか?

 

 

 

なぜヤチリハではカンボジアに行くのか?

 

 

今日はながーいフライトからの

楽しい開放的なマーケット散策でしたが

明日の研修で体感してもらえたらなと思います

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る
資料請求フォームへ