八千代リハビリテーション学院

MENU

ヤチリハのブログ

作業療法の作業とは?

ども、作業療法学科の教員Aです。1 

 

 

よく周囲に「作業療法って何をしているの?」、「作業って何か手作業?」

などと聞かれます。八千代リハビリテーション学院のブログでも何度かお伝えしたかと思いますが、今回は模擬授業で実施した「作業」についてお伝えしたことを書きたいと思います。

 そもそも作業?OT?などを聞いても具体的に何をしているのか分かりにくいですよね。そこで分野、働いている場所、対象者、どんな治療?について簡単ではありますが説明します。

<どのような分野があるのか>2

  • 身体障害分野 :病気やケガによる影響で身体に障害がある方が対象
  • 精神障害分野 :こころの病気による生活障害のある方が対象
  • 発達領域分野 :18歳までのこころや身体に障害がある子供が対象
  • 高齢期障害分野:主な疾患をもとに加齢に伴う症状を呈した高齢者が対象

<働いている場所>3

  • 医療施設(身体障害・精神障害)
  • 高齢者福祉施設
  • 児童福祉・障害者福祉施設
  • 福祉行政機関
  • 自動車教習所など

 

<作業療法の対象者>

身体障害:脳血管障害、高次脳機能障害、など

精神障害:統合失調症、気分障害など

発達障害;脳性まひ、AD/HDなど

高齢期障害:認知症、疾患を抱えた高齢者

 

<どんな治療?>4

  • 身体機能の回復:生活上で困っていることの改善や身体機能の改善に対して直接または道具を用いて治療します
  • 精神障害の回復::日常生活が安定し、また社会生活が送れるように練習し、不安やストレスに上手く向き合えるようにします
  • 高齢期障害;加齢に伴う疾患や生活障害に対して、生活が豊かになるように支援します
  • 発達障害:教育面と療養面に対して関わることにより、就学や社会生活の獲得を目標においた関わりを行います


以上となります。少しでも作業療法のことが分かりましたか?不明な点はぜひとも八千代リハビリテーション学院のオープンキャンパスに来て質問や確認をしてくださいね。6

 

 

 

 

※下記URLに日本作業療法士協会のHPがあり、実際の動画を閲覧できます

https://www.jaot.or.jp/shiryou/videoarchive/

みなさんこんにちは。

八千代リハビリテーション学院では前期の定期試験が開始されています。

 

学生の皆さんには新型コロナウイルスの猛威をふるっている中、安心して試験の準備ができるようにICTを利用した遠隔での試験対策の対応をさせて頂きました。画像はチャットを利用したやり取りになります。質問を受けたり,

質問の投げかけた際には積極的にリアクションをしてくれました。この努力が結果として出ることを祈っています。

無題

「私の姿勢強化法」

こんにちは教員のSです。日頃、運動習慣を持たない私は加齢とともに筋力低下を実感
し、階段を見ればため息をつき、小走りすらしなくなくなっていました。
これは、「まずい」と自分は理学療法士の端くれ、腹は出ていても姿勢はかっこよくし
ないといけないと思い立ち、姿勢強化を始めました。
今回は私がやっている姿勢筋強化について紹介します。
ここでは、筋など解剖学的な詳しい説明は紙幅の都合上割愛します。

 

図1
立位姿勢をとるときには股関節と膝関節の伸展
させる筋が重要になります。筋力があれば
図1(青は股伸展させる殿筋、赤は膝伸展させる
大腿四頭筋)、弱ければ図2の姿勢(高齢者に多い)
になってしまいます。
そうしますと、強化のターゲットは殿筋(青)と
大腿四頭筋(赤)になります。
この2筋は立位姿勢筋なので、解剖学的にも
運動機能的にも連結・連動しています。ということは
一緒に強化できるということです。

 

やり方を説明します。
(図3)足部の位置が重要です。足先は図3 1
外側を向くようにします。殿筋に力を入れ
やすいからです。
この姿勢から殿筋に力を入れます。便意を
我慢するような感じです(殿筋は肛門を
締めるのを助ける働きがあります)。殿筋に
力を入れると連動して、膝の大腿四頭筋にも
自然と力が入ります。
これで力を入れる(3秒)、緩める(2秒)
を10回1セットとしてやります。
そのとき、手は握るかまたは殿筋にあてて
(図4)、力が入っているのを確認しながらやると
やりやすいと思います。3セット/日を目安に図4
やっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

図5
負荷なしが楽にやれるようになりましたら
筋力強化は負荷をかけるのが原則です。
(過負荷の原則といいます)。
負荷は図5のエクササイズバンドが便利です。
強さは5段階(色違い)くらいあるので、適度な抵抗感
があればよいと思います。ちなみに私は1番強いバンドでやっています。

 

 

 

バンドは図6のように前足部(足首ではありません)図6
抵抗をかけるために、足幅を肩幅くらいに拡げます
(図7)。この姿勢で、殿筋に力を入れるエクササイズ
を3セット行います。バンドは5段階あるので、抵抗が
弱く感じたら強めのバンドにしてください。
これだけでも強化できますが、更に強化したいと
思っている方用も紹介します。
スタートは図7で、殿筋に力を入れながら片足を挙げます。
そのとき体幹は真直ぐにします。また、足を高く挙げすぎると
バランスを崩しやすくなります。気を付けてください。
これを左右1回ずつやります。かなりの筋疲労を覚えると
思います。
以上、自宅でできる簡単、短時間筋力強化法を図8
紹介しました。私はテレビを観ながら
やっています。
殿筋、大腿四頭筋は姿勢だけではなく
立ち上がり動作、階段昇降などで重要な
働きをします。体幹も強くなるので動作が
楽にできるようになります。
是非、皆さんもお試しください。

作業療法学科の実技試験の様子を紹介したいと思います。

今回は関節可動域測定の実技試験を行いました。
関節可動域測定とは身体の各関節がどのくらい動くかをゴニオメーターという専門の器具
で測定します。

1

 

こちらがゴニオメーターです。
測定する関節の大きさに合わせて器具の大きさも変更します。
一番下のカタツムリのような器具は指専用のゴニオメーターです。

2

試験は3人一組で行い、作業療法士役・患者役・撮影者にわかれ、順番に行います。

実際に患者さんと関わっている場面を想定し試験を実施します。
教員は測定場面を観察し、適切な説明や声掛けができているか、正しい位置に器具を当て
ることができているかなどをチェックします。

3

基準となる骨にしっかりと合わせることができるか、その位置で目盛りを読むことができ

るのかなど一つ一つ丁寧に行っていきます。

4

動かせる範囲をしっかり動かしてから器具を当てる。

関節の固定と器具の操作を同時に行うため、繰り返し練習しコツをつかむ必要があります

適度な緊張感で、皆真剣に試験を受けていました。
試験終了後は撮影した動画を見返し、振り返りを行います。

試験を行っているときは緊張してしまい、どのような声掛けを行ったのか、どのように関
節を動かしたのかはっきり覚えていないことがあります。撮影した動画を見返すことで、
振り返ることができ、どこがうまく行えていたのか、どこを改善したら良いのかを知るこ
とができます。
このように練習と試験を繰り返し行い、実際に患者さんと関わった際にスムーズに測定が
できるように準備を行っていきます。
作業療法士はこのような検査・測定を行いながら心身の状況を把握し、日常生活が安定し
て行えるように関わっていきます。
生活を送るには、なにか行動を起こそうという気持ちになり、体を動かすために筋肉が働
き、関節が動き、物を操作するためには物との距離がつかめ、触った感覚がわかるなど様
々な能力が必要です。
実は、生活に関わっていくには様々なことを知る必要があるのです。
作業療法士についてもっと知りたいと思ったか方はぜひ、オープンキャンパスへ参加して
ください。
作業療法士の魅力・楽しさをご紹介いたします。

まだ6月と言うのに観測事情最速で梅雨が明けて真夏の暑さになりました

6月18日(土)にオープンキャンパスを行い、
保護者・同伴者を含めた90名程の参加者で、賑わいました❕

1

在校生との座談会があり、楽しそうな雰囲気でした

 

unnamed2

学内見学では、普段見慣れない装置を目にしたり、

在校生が授業で作成した作品と触れ合ったりと新鮮な雰囲気を感じている様子でした。

unnamed3

unnamed4

現在、増築工事をしていて、来年度からは増員予定なので、
今よりもさらに活気が出ること必至で今から楽しみです
まだ進路に悩んでいる方がいらっしゃったら是非

『ヤチリハ』をお選びください

 

授業紹介

蒸し暑い日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

杖1

 

今回は、私が担当する「日常生活活動学」の授業の一場面を紹介します。この授業は、朝起きてから夜寝るまでに行われる様々な日常生活について知ると共に、寝起きから歩くまでの具体的な動きのしくみを体験し考えていく授業です。今回は、歩く際に理学療法の治療で多く用いられる杖の使い方の授業を紹介していきます。杖はケガや骨折、麻痺などで歩きが不安定になった際に安全に歩くために使用する道具です。

杖の高さ合わせ1杖の高さ合わせ2

上の図の通り、1本の棒を使用するだけですから一見簡単そうに見えますが、意外とそうではありません。高さが合っていないと体を支えることができませんし、低すぎると体が片側に傾き過ぎてバランスを崩して転んでしまうこともあります。杖は便利な反面、使い方を間違えれば危険な道具になります。 

杖の高さ合わせには、足の付け根の骨や手首の骨の出っ張りなど、1年生で習った体の構造に関する知識の応用が必要になります。学生も最初は、高さ合わせに苦戦していましたが、確認をしながら無事に高さを合わせることができました。

杖の高さ合わせ3

  足の付け根の骨の出っ張りに合わせて、高さ合わせをしています。

立つと骨の出っ張りを探すことは結構難しいため、学生も試行錯誤しています。

杖歩行1

  試行錯誤の結果、高さがぴったり合わせることができました。やったね!

授業の最後には、上の写真の通り、正しい杖の使い方で上手に歩くことができるようになりました。ちなみに歩き方は6通りあり、バランス感覚や筋力などの有無によって歩き方も異なります。杖で歩くことは、意外と奥が深いです。

この授業が終わる頃には、学生は様々な日常生活の動作指導や介助方法を実践することができるようになります。理学療法士になるという目標に向け、また一歩大きな経験となる出来事だったと思います。がんばれ!みんな!

 

新人紹介

新たな挑戦

みなさん、初めまして。作業療法学科の専任教員の望月 真樹と申します

令和4年3月16日付けで、当学院に入職しました。

私が作業療法士を目指したのは今から約17年前になります。

趣味で続けていたスポーツの用品店を退職し悶々としている時でした。以前けがをした際に、親身になってこころやからだのケアをしてくださった療法士の先生のことを思い出し、自分も人の役に立てるリハビリの先生になってみたいと思ったのがきっかけでした。

思い立ってすぐ、八千代リハビリテーション学院をインターネットで見つけ思い切って願書を提出しました。正直、社会人になり数年たった私は勉強の仕方をすっかり忘れていたのを覚えています。私にとっては大きな挑戦でした。なんとか入学試験は無事合格し作業療法学科夜間コース2期生として入学することができました。学院卒業後は、一般社団法人巨樹の会 八千代リハビリテーション病院に入職しました。八千代リハビリテーション病院では回復期リハビリ病棟や訪問リハビリに13年従事しました。17年前作業療法士を目指した時から様々な挑戦の連続だったように思います。そして今年、当学院の教員となりました。これからOTを目指す社会人や高校生の方にオープンキャンパスやガイダンスでお会いできるのが楽しみです。ぜひお声をかけていただければ幸いです。

望月先生

「新入生が来てくれました!」

理学療法学科教員のSです。
気が付けばもう5月ですね。お陰様で今年も沢山の新入生が入学しました。グループワークやまとめたことを報告する発表会を実施しましたのでお知らせします。

グループワーク⇩

 

1

2

当学院では、理解と交流を深めるべくグループワークを積極的に行います。みんな自己紹介から丁寧に行えていました。
みなさんトークに集中し、白熱していますね。

発表会⇩

34

5

学院の教員について、各担当班が発表します。
学生が事前に「どんな先生がいるんだろう?」とプロフィールや教員を目指したきっかけ等いろいろな質問を教員にして、資料を準備します。班によっては個性的なところもあり、とても盛り上がりました。何より新入生が教員を知ろうとしてくれている姿勢がとても嬉しく思いました。
新入生のみなさん、これから八千代リハビリテーション学院で教員と学生とで協力し、理想の療法士を一緒に目指していきましょうね。よろしくお願いします。

新任教員紹介

はじめまして、3月16日付で八千代リハビリテーション学院作業療法学科に配属になりました。平間 岳と申します。

 

栃木県出身で帝京平成大学作業療法学科を卒業しました。

卒業後は八千代リハビリテーション病院に2年勤務し、そこから新久喜総合病院で6年勤務しました。

新久喜総合病院では主に脳神経外科、呼吸器外科、脊髄脊椎外科の急性期病棟の患者様へリハビリを行っていました。

呼吸療法認定士や生活行為向上マネジメント実践者研修の経験等も活かしながら、面白いと思ってもらえる講義をしていきたいです。

病院以外では埼玉県作業療法士会東部副ブロック長として活動していました。県士会のイベントで埼玉県の学生たちと関わる機会が多く、3年前から「いつか教員になりたい」と夢を見るようになりました。やっと夢がかなったので、これからも精一杯、頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。平間 岳

奨学金について

これから受験を考えている皆様に、八千代リハビリテーション学院の奨学金制度について、ご紹介致します。当学院では、独立行政法人日本学生支援機構の奨学金制度を利用しており、現在の奨学生は約270名です。ここでは奨学金の申込方法、奨学金種類についてお話ししたいと思います。

まず、奨学金の申し込み方法ですが、高校生の方は、在学中の高等学校にて、申し込む事が出来ます。申込方法や申込時期につきましては、高等学校にご確認下さい。高等学校にてお申し込み頂き、入学後手続きをした場合、早ければ4月下旬から振り込みが始まります。次に、社会人の方は、進学後に大学等で申し込む事が出来ます。八千代リハビリテーション学院では、例年4月中旬頃に申し込みを受け付け、奨学生として採用になった場合、初回振り込みは6月頃となります。いずれも、奨学金の振り込み開始は、入学後(4月以降)となりますので、ご注意下さい。

 

次に、奨学金の種類には二つあり、給付奨学金と貸与奨学金に分けられます。給付奨学金は、高等教育修学支援新制度による支援のひとつとして大学等の授業料等減免とあわせて、世帯の所得金額に基づき判定された支援区分に応じて支給される金額が定められます。採用後は、家計基準の見直し、学業成績等の判定が行われ、支援区分が変更になった場合、支給額等が変わる場合があります。もう一つの貸与奨学金には、第一種奨学金と第二種奨学金があり、貸与終了後、返還しなければなりません。それぞれ、借りられる金額が決まっており、採用後は毎月振り込まれます。年度途中での貸与終了(辞退)も出来ますので、状況に応じて選択してはいかがでしょうか。どちらもお申し込みには、学業成績等の基準、家計基準に係る基準がありますので、日本学生支援機構ホームページにてご確認下さい。

いずれの場合も、入学後の手続きについては、入学式後にご説明致しますが、検討中の方は、日本学生支援機構のホームページ内でシミュレーションが出来ますので、参考にして頂き、オープンキャンパス等に来て頂いた際には、ご相談下さい。

 

独立行政法人日本学生支援機構 https://www.jasso.go.jp/shogakukin/index.html

八千代リハビリテーション学院 http://www.yachiyo-reha.jp

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー