学院案内

学院案内

人を愛しみ、共に生きる

リハビリテーションの専門的な知識はもちろん、対象者の立場に立って思考することのできるエキスパートを目指します。「人間愛」と「自己実現」の教育理念で、共に学び・歩み・進む。人と人との相互の信頼関係を築けるように。

教育理念

「人間愛」と「自己実現」を理念として専門性を追求

「人間愛」と「自己実現」という人間の根本的精神を基本理念とします。一人ひとりの学生が人間愛に基づき対象者の共感的理解および受容をし、専門的な知識・技術・価値を修得していくことで、包括的医療の一翼を担うリハビリテーションの専門職の育成を目指します。さらに、医療およびリハビリテーション医療の専門性の追究のみならず、一生を通じて人格向上の努力を続け、自己実現をはかることのできる人間を育んでいきます。

設立の趣旨

当学校法人福岡保健学院は、平成2年に福岡看護専門学校を開設し、「人間愛」と「自己実現」を教育理念に、地域医療に貢献できる看護師の育成を積極的に行ってきました。卒業生は各地の医療の第一線で活躍しています。近年、急激な少子・高齢化社会の進展や疾病構造の変化などにより、疾病予防とともにリハビリテーションの重要性が増大しています。こうした緊急の社会的要請に応えるため、平成16年八千代リハビリテーション学院、下関リハビリテーション学院(現:下関看護リハビリテーション学校)、小倉リハビリテーション学院を同時に設置することにしました。

ごあいさつ

理事長あいさつ
理事長 蒲池 昭子

当学校法人福岡保健学院は、平成2年に福岡看護専門学校を開設し、「人間愛」と「自己実現」を教育理念に、地域医療に貢献できる看護師の育成を積極的に行ってきました。その卒業生は、学校で取得した専門的な知識と技術、豊かな人間性をもって、各地の医療の第一線で活躍しています。
近年、急速な少子・高齢化社会の進展や疾病構造の変化等により、疾病予防とともにリハビリテーションの重要性が増大しています。
高齢者や障がい者を支援する、より質の高い多くの専門職が求められており、その中核を担う理学療法士・作業療法士の果たす役割がますます重要になってきていますが、絶対数は不足している現状です。特に、在宅分野での人材育成は殆ど手付かずの現状であり、この育成事業が急務であります。
当法人は今般、こうした緊急な社会的要請に応えるため小倉リハビリテーション学院、下関看護リハビリテーション学校、八千代リハビリテーション学院の3養成施設を同時に設置しました。夜間コースを置き、社会人等の就学支援をするのも大きな特徴です。

ごあいさつ
学院長あいさつ
学院長 今井基次

当学院は理学・作業療法士育成を目的とした昼間部・夜間部の構成です。主に働く場所はリハビリテーションの理念のもとに運営されている保健・医療・福祉の施設です。
リハビリテーションの理念によるサービスとは、障がい児・者が社会の一員として地域社会の中で前向きな姿勢で生きてゆくように支援し多種多様なサービスを提供することです。
現在、リハビリテーションで理学・作業療法士の関わる内容が機能分化・集約化され、整備されつつあります。具体的には大学病院・総合病院・老人病院・小児病院・精神病院などの医療施設、各種老人・児童の福祉施設、そして在宅生活を支援する介護保健サービスなど、より専門的に関わることです。
リハビリテーションサービスの利用者は、身体的・精神的・社会的・経済的など多くの問題を抱えて生きています。これらの複雑多岐にわたることと当学校法人の教育理念である「人間愛と自己実現」を踏まえて、カリキュラムは患者・利用者様の立場をじっくり受容できる現場重視の教育を目指します。

八千代リハビリテーション学院 7つの強み

就職率100%

就職100%
求人倍率 理学療法学科57.1倍 作業療法学科118.9倍

就職担当教員を配置し、細やかな就職相談を実施しています。学内には就職資料閲覧用のパソコンや就職資料用の掲示板を設置し、随時送られてくる最新求人票が自由に閲覧できます。
最終学年時には就職説明会を開催し、施設職員と直接相談ができる場を提供しています。就職担当教員のみならず、担任、全教職員の情報を集結し、希望進路に進めるようサポートします。

卒業後の進路

総合病院、大学病院、リハビリテーションセンター、老人保健施設、特別養護老人ホーム、身体障害者更生養護施設、児童福祉施設(肢体不自由児施設等)、行政・教育・研究機関、スポーツ施設、リハビリ関連企業、社会福祉協議会、特別支援学校・・・など 他多数

高い資格取得率

資格取得率 理学療法士78.0% 資格取得率 作業療法士100.0%

▲2015年度合格実績

昼間コースなら3年で、
理学療法士、作業療法士の受験資格(国家試験)を取得できます。

例年2月下旬に実施される理学療法士と作業療法士の国家試験。
本学院では毎年高い合格率を維持し、知識や実技のレベルの高さに加え、人間的にも素晴らしい人材を輩出しています。
2015年も全国平均を上回る結果となりました。

3年制の魅力

●3年間、効率的に編成されたカリキュラムで学べます。
●充実した学習環境だから、勉強の習慣が自然と身につきます。
●授業のない空き時間を有効活用して、学生をフォローアップしています。
 ・1、2年生は「解剖学」「生理学」など、国家試験に役立つポイントを先生がアドバイスして自主学習に
  繋げます。
 ・3年生は、第一線で活躍している先生から現場で役立つテクニックを直接指導してもらえます。
●4年制の学校に比べて、臨床現場に1年早く出ることができます。
3年制の魅力
●就職後、現場では大卒生と同等に働けます。
●現場では経験がものを言います。早く社会に出て働くほど有利です。
●提携先の順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科に、本学院を卒業後3年間の臨床経験を積むと優先的に
 入学できます。大学院へ進学し、「修士」取得を目指せます。
●同じ国家資格を取得するのに、私立大学に4年通うと、年額150万円としておよそ600万円の学費がかかり
 ます。当学院では、それが3年約450万円ですみます。 その上、1年早く就職することができるので、
 1年目セラピストとして約350万円の年収。私立大学進学と比べ、この1年間で合計約500万円の差が出ます。

臨床実習

臨床実習
本学院は実習施設との連携により、
1年生から医療現場に触れる機会が多くあります。

1年生では理学療法学科・作業療法学科共に「介護福祉実習」「見学・体験実習」があります。これらの実習で、対象者とのコミュニケーションや介助を学び、基礎を作ります。
2年生では理学療法学科は「臨床実習前実習」、作業療法学科は「地域作業療法学実習」があります。1年生で学んだ知識を臨床の現場で活用します。
3年生では「模倣・解釈実習(4週間)」「統合実習(8週間×2)」があります。関連グループ病院の全面的なバックアップのもとで実習を行います。
これらの実習体験を通して、対象者の立場で思考できるエキスパートを目指します。

理学療法学科 作業療法学科
1年次 介護福祉実習、見学・体験実習
2年次 臨床実習前実習(5日間) 地域作業療法学実習(12日間)
3年次 模倣・解釈実習(4週間)、統合実習(8週間×2)
関連病院

八千代リハビリテーション病院、蒲田リハビリテーション病院、みどり野リハビリテーション病院、所沢明生病院、明生リハビリテーション病院、新上三川病院、小金井リハビリテーション病院、宇都宮リハビリテーション病院、赤羽リハビリテーション病院、原宿リハビリテーション病院、五反田リハビリテーション病院、千葉みなとリハビリテーション病院、松戸リハビリテーション病院

実習施設

千葉徳洲会病院、新八千代病院、最成病院、志村大宮病院、杜の街(介護老人保健施設)…など、他多数

バックアップ体制の整った学生生活

バックアップ体制
各科・各クラス担任制度だから「相談できる」土壌があります。

本学院では、各科・各クラス、担任制度をとっています。学生生活はカリキュラムの履修のみならず、様々な問題や悩みを持つことも少なくありません。クラス担任は定期的に面談を行い、学生が一人で悩まないよう、学習面においても生活面においても相談にのっています。もちろん、プライバシーが守れるよう面談室も3室設けています。

学生寮完備

学生寮完備

本学院からはもちろん、最寄り駅から徒歩圏内に立地。
充実した設備環境で安心して勉学に打ち込めます。

県内唯一、理学療法学科の夜間コースを設置

県内唯一の理学療法士夜間コースを設置

社会人、ダブルスクール、主婦の方などが夜間の通学で無理なく理学療法士取得を目指せるコースです。

施設・設備紹介

日常生活動作訓練室

日常動作訓練室

日常生活動作の獲得を目指すために必要な福祉機器、住宅改修等の適合について学ぶための実習室です。

施設・設備紹介
講堂・レクレーション室

講堂&レクリエーション室

多目的な利用が可能であり、映像や音響機器も完備しています。

施設・設備紹介
基礎医学実習室

基礎医学実習室

解剖学や生理学など専門基礎分野を学ぶ実習室です。

施設・設備紹介
普通教室

普通教室

明るく開放的な教室です。映像や音響機器も各教室に完備しています。

施設・設備紹介
織物手工芸絵画教室

織物手工芸絵画室

織物、手工芸、絵画等を行いながら、それらの作業活動を治療に繋げることを学ぶための教室です。

施設・設備紹介
装具加工室

装具加工室

体験用義肢を使っての実習や装具・スプリント作成を行う等、義肢や装具について学ぶための実習室です。

施設・設備紹介
木工金工陶工室

木工金工陶工室

木工、金工、陶芸等を実際に行いながら、それらの作業活動を治療に繋げることを学ぶための実習室です。

施設・設備紹介
学生サロン

学生サロン

学生の笑い声が絶えない、自然光が差し込む明るいサロンです。

施設・設備紹介
水治室

水治室

水中トレッドミルや渦流浴、部分浴の機器があり、水治療法を学ぶための実習室です。

施設・設備紹介
図書室

図書室

専門図書が揃った図書室です。自習スペースも充実しています。

施設・設備紹介
評価測定室

評価測定室

三次元動作解析装置、筋力測定器、筋電図などの最新の機器を備えています。

施設・設備紹介
機能訓練室

機能訓練室

機能訓練のための機器を備え、病院や施設の訓練と同じ環境で実践的に学ぶための実習室です。

施設・設備紹介
治療室

治療室

治療台と合わせて様々な物理療法機器を備えています。評価法や治療法等を学ぶための実習室です。

施設・設備紹介
コンピューター室

コンピューター室

情報処理の授業等で使用します。また課題レポート作成など自由に利用することができます。

ページの先頭へ戻る
資料請求フォームへ