八千代リハビリテーション学院

MENU

理学療法学科

正しい医学知識に基づいた、幅広い運動療法と物理療法を修得。

人体の構造や疾病の成り立ちと回復過程など、幅広い医学知識を修得。
その科学的な視点に基づき、筋力増強などの運動療法と温熱効果をはじめとする物理療法を実践的に身につけます。

理学療法士とは

立つ・歩く・座るなどの基本動作能力の回復を支える、
身体リハビリテーションのスペシャリスト。

理学療法士とは、間接の動きや筋力を改善するための運動療法や、マッサージ等で患部の痛みを軽減させる物理療法により、立つ・歩く・座るなどの基本動作能力の回復を目指す専門医療のひとつ。理学療法士は、病気やけが、加齢などによって身体の基本機能が低下した人に対し、これらの療法を正しく駆使することで、運動機能の回復を促します。

理学療法士が向き合う人々

  • 病気・けがを患っている人
  • 身体に障がいがある人
  • 発達面に障がいのある子ども
  • 高齢者
  • スポーツ競技者

理学療法士の主な仕事

  • 筋肉・関節の機能改善
  • 寝返り・立ち上がり・歩行など基本機能の回復サポート
  • 患部の痛みの緩和治療
  • 高齢者・障がい児の身体機能の維持・向上
  • スポーツ外傷・障がいからの復帰支援

理学療法士の活躍のフィールド

  • 病院・クリニック
  • リハビリテーション施設
  • 介護福祉施設
  • スポーツ関連
  • 医療福祉関連企業
  • 教育関連

学びのポイント

確かな基礎力と臨床力を養い、即戦力となる理学療法士を育成します。

  • 関連グループ病院の協力で、1年次から実習を展開。見学体験実習や臨床実習など多様な臨床教育を行います。

  • 最先端の機器を使った授業で生きた知識を身につけ、少人数制の実技指導で治療技術を磨いていきます。

  • 3年次は特別講義や定期模試などの国家試験対策を実施。全国平均を超える合格率を維持しています。

学びのフロー

基礎から専門領域、臨床実習へと進む段階的な教育で、実践的な理学療法を習得します。

授業ピックアップ

病院と同じ訓練設備・用具を用いて、幅広い理学療法を実践的に体得していきます。

  • 運動器系障害の理学療法学

    関節、腱、筋肉の構造と機能を理解したうえで、関節障がいをサポートするテーピング技術などを修得。学生同士で体験し合うことで、治療のコツを体験的に学んでいきます。

  • 運動療法学演習

    身体機能の回復・維持をサポートするために、ストレッチをはじめとする運動療法を学びます。状態に応じて治療方法も異なるため、幅広い技術を身につけます。

  • 義肢学・装具学

    義肢や装具についての基礎知識と、正しいフィッティング方法を、体験用義肢を使って学びます。また、実習室ではスプリントと呼ばれる補装具の作成・加工も学びます。

  • 日常生活・活動学演習

    さまざまなリハビリテーション設備がある機能訓練室で行う実技実習。階段の昇降をはじめとする日常生活活動のポイントや、状況に応じた動作方法を学びます。