八千代リハビリテーション学院

MENU

充実の臨床実習システムCLINICAL TRAINING SYSTEM

臨床実習システムの4つのポイント

病院を母体とする本学院は、グループ病院と連携した先進的な臨床実習システムを確立しています。臨床現場に立ち、実際のリハビリテーションを体験・実施することで実践力を養っていきます。

Point.01

学生、臨床実習指導者、教員が
三位一体となった実践教育

学生、臨床実習指導者、教員が三位一体となった実践教育

最終年次の臨床実習は、2回(8週間×2回)にわたって実際の病院で臨床実習指導者、教員が一体となって学生を指導します。緊張しがちな環境でも、実習病院での教員のサポートや細かな支援により、安心して臨床経験を積むことができます。

臨床実習指導者
からのメッセージ

八千代リハビリテーション病院勤務
理学療法学科 4期卒業

臨床実習指導者と臨床教員が実習に携わるので、実習生はいろいろな視点で臨床に臨むことができます。実習を通して、臨床の場で求められる実践力が身につきます!

Point.02

全員が同じ学びを得られる
オリジナル実習書式を採用

全員が同じ学びを得られるオリジナル実習書式を採用

臨床実習には、本学院が作り上げたオリジナルの臨床実習書式を採用しています。実習課題や指導方法が統一されているため、施設や臨床実習指導者の違いによるズレがありません。実習で到達すべき目標もはっきりしているため、どの病院でも同じ内容・水準の臨床教育が受けられます。

臨床教員からの
メッセージ

理学療法学科 専任教員

実習は学院から臨床教員が定期的に訪問して学生を支援しています。実習中もグループ病院と綿密に連携していますから、充実した現場での学びができます。

Point.02

1年次から医療・福祉の現場で
多彩な実習を体験

全員が同じ学びを得られるオリジナル実習書式を採用

本学院の臨床教育は1年次から開始します。病院・施設で行う実習や東京歯科大学で行われる解剖見学実習など、年次ごとの多彩な実習を通じて着実に臨床力を高めていきます。

在校生からの
メッセージ

作業療法学科

1年次の実習では、作業療法士の仕事内容を見学し、患者様への接し方や実践的な作業療法を学ぶことができました。その時の疑問や関心は2年次での勉強の意欲に繋がりました。また、実技練習を行う際に1年次の実習経験が役立ちました。

Point.04

グループ病院や協力施設の
全面的バックアップで充実した実習体験!!

全員が同じ学びを得られるオリジナル実習書式を採用

最終学年次の臨床実習病院はすべて千葉・東京・神奈川・埼玉・栃木に展開する本学院の17のグループ病院です。
各病院の全面協力で実際の臨床技術を修得するだけでなく、医師をはじめ、医療系多職種との連携やチーム医療ほか、さまざまなリハビリテーションを間近に体験することができます。また希望者は、優先的にグループ病院の就職試験を受けることができます。

就職・資格のサポート制度

  • 就職サポート
  • 国家試験学習サポート