八千代リハビリテーション学院

MENU

理論と実践の両面から、心身に関する医学知識と多様な訓練技術を修得。

心身の機能回復をサポートする作業療法を修得するため、基礎医学から心理学、多様な人の生活行動である作業まで実践的に学びます。
地域リハビリテーションのあり方など、社会的活動も具体的に学んでいきます。

理学療法士とは

日常生活に必要な動作と精神機能や社会適応能力の回復を促す、
心身リハビリテーションのスペシャリスト

作業療法とは、病気やけがの回復を目指す人、身体または精神に障がいを持つ人などを対象に、本人が望む生活ができるように治療や指導を行う専門医療のひとつ。 作業療法士は、食事や着替えから仕事や趣味までさまざまな活動に関わり、日常生活に必要な身体機能の回復を促すとともに、健全な精神機能や社会適応能力の回復を支援していきます。

作業療法士が向き合う人々

  • 病気・けがを患っている人
  • 身体に障がいがある人
  • 精神面に障がいがある人
  • 発達面に障がいのある子ども
  • 高齢者

作業療法士の主な仕事

  • 身体機能の回復サポート
  • 精神面の問題への医学的サポート
  • 日常生活に必要な作業活動の指導
  • 住まい環境に関する改善アドバイス
  • 就学・就労に向けた訓練指導

作業療法士の活躍のフィールド

  • 病院・クリニック
  • リハビリテーション施設
  • 介護福祉施設
  • 医療・福祉関連企業
  • 教育関連

学びのポイント

基礎を固め、臨床力を磨く実践教育で、即戦力となる作業療法士を育成します。

  • グループ病院と連携し、1年次から実習を展開。見学体験実習や臨床実習など質の高い実践教育を行います。

  • 少人数・担任制のきめ細かな学びの環境で、補習や個別相談など個々の学生に合わせた指導を行います。

  • 3年次は特別講義や定期模試などの国家試験対策を実施。全国平均を超える合格率を維持しています。

学びのフロー

基礎から専門領域、臨床実習へと進む段階的な教育で、実践的な作業療法を修得します。

授業ピックアップ

病院と同じリハビリ環境を活かし、幅広い作業療法を実践的に体得していきます。

  • 生活環境学

    階段、トイレ、浴室など、障がいを持つ方にとって安全・快適な生活環境のあり方を学びます。また、住宅改修や福祉用具の利用等を含めた幅広い視点を身につけます。

  • 装具学

    骨折や麻痺などの作業療法に使用する装具と治療方法を学び、生活上の応用まで理解を深めます。スプリントと呼ばれる補装具の作成・加工テクニックも身につけます。

  • 日常生活活動学演習

    更衣、調理、入浴など、暮らしの中のさまざまな生活行為について理解を深め、疾患・障がいに合わせた動作方法や、適切な指導方法を学びます。

  • 作業療法治療学

    その人にとって大事な作業を理解して、身体機能、精神機能、生活的側面を把握して治療計画を考えます。作業を回復させる効果的な治療方法が学べます。