作業療法学科 3年課程 定員40名 資格取得:作業療法士国家試験受験資格、専門士(医療専門課程)

身体能力の回復をサポートする心豊かなスペシャリストを目指して

作業療法とは、赤ちゃんからお年寄りまでの身体や心に障がいを持つ、幅広い年齢の方々に対して、日常生活に必要な動作(食事する、服を着替える、入浴をするなど)の指導や援助、訓練を行うことにより、その人に必要な身体や精神の機能回復を計ります。訓練には、日常的活動、創造的活動(陶芸や手工芸など)、遊戯療法、レクリエーション活動などがあります。対象となる方の生活全般を訓練の場面としてとらえ、その方らしい生活の自立を目指すものです。
厚生労働大臣指定:医制第0326024号
千葉県知事認可:学指令第51号

作業療法学科

作業療法学科の特徴

作業療法学科の特徴
学ぶ内容

身体や精神に障がいを持つ人や加齢に伴い身体機能が低下した人の身体機能や応用動作の回復を図ります。また、精神面のケアをしながら治療・訓練を行います。その人らしい生活を送れるよう実際の生活場面を想定した日常生活動作訓練や創作活動などを通して、身体の動きだけでなく道具の使用や動作手順など認知機能へ働きかけるなど、様々な治療手段を用いることが作業療法の特徴です。
医学的知識を基に一人一人の生活スタイルに合わせて具体的に日常生活の自立を図るためのエキスパートの育成を目指します。専門的な知識・技術を学び、障がいを持った人々の社会参加を支援できるよう、地域リハビリテーションのあり方についても実践的に学んでいきます。

取得資格
3年で作業療法士(国家試験)の受験資格を取得できます。

高齢化社会が進むにつれて、高齢者の在宅での生活と療法を適切に支援する「作業療法士」の重要性はますます高まっています。本校では昼間コース3年制を設定しており、プロとして通用する専門知識と技術、心構えを修得できます。卒業時には作業療法士(国家資格)の受験資格を取得できます。

<取得資格>作業療法士国家試験受験資格/専門士

卒業後の進路
医療領域 総合病院、大学病院、リハビリテーションセンター、労災病院、精神・神経科病院、小児病院、老人病院、診療所 など
保健領域 保健所、保健センター、精神保健センター、地方自治体 など
福祉領域 デイケアセンター、デイサービス、老人保健施設、身体障害者更生施設・療養施設・授産施設、身体障害者更生相談所、児童相談所、身障・老人福祉センター、社会福祉協議会、精神薄弱者更生施設・授産施設、精神障害者授産施設、四肢不自由児施設・母子通園施設、心身障害児施設、特別養護・養護老人ホーム、在宅介護支援センター、福祉機器センター、小規模作業所 など
教育領域 作業療法士・理学療法士養成校、特別支援学校 など
その他 リハ関連企業、社会福祉協議会、青年海外協力隊 など

カリキュラム

基礎分野

作業療法士に必要な科学的思考の基礎・教養学問を学びます。

心理学、人間関係論、教育学、社会福祉学、情報処理、物理学、生物学
専門基礎分野

人間の心身の発達、人間の体の仕組み・栄養・代謝および疾病の病態を学びます。

解剖学Ⅰ~Ⅲ、生理学Ⅰ~Ⅱ、生理学演習、運動学Ⅰ~Ⅱ、運動学演習、人間発達学、病理学、神経内科学、整形外科学、内科学、臨床心理学、精神医学、リハビリテーション概論、保健医療福祉制度論
作業専門分野
基礎作業学、基礎作業学演習Ⅰ~Ⅱ、作業療法概論、作業療法概論演習Ⅰ~Ⅱ、作業療法評価法Ⅰ~Ⅳ、作業療法治療学Ⅰ~Ⅵ、作業療法総合学習、地域作業療法学、職業関連活動、リハビリテーション関連機器、地域作業療法学実習、評価実習、総合実習
ページの先頭へ戻る
資料請求フォームへ
オープンキャンパス情報
その他イベント
ヤチリハのブログ
作業療法士竹内さん特別インタビュー
LINE友達追加
facebooktwitterInstagram