八千代リハビリテーション学院

MENU

理学療法学科 ●3年課程 定員80名

取得資格
理学療法士国家試験受験資格
専門士(医療専門課程)

身体能力の回復をサポートする心豊かなスペシャリストを目指して

理学療法とは、病気や怪我などにより身体に障がいを持つ方や、また障がいをもつと予測される方々に対して、関節を動かしたり、筋力を改善する訓練などを行い、基本的(起きる、立つ、歩くなど)な生活動作能力の回復を目指すものです。 訓練には、治療体操や運動などを利用する運動療法、基本動作の練習を行う日常生活動作訓練、温熱・電気などを用いる物理療法などがあります。最近では、内科的治療が必要な方々やスポーツ医学の分野でも幅広く理学療法が行われています。
厚生労働大臣指定:医制第0326024号
千葉県知事認可:学指令第51号

募集要項はこちら

理学療法学科

理学療法学科の特徴

学ぶ内容

病気や怪我で身体に障がいのある人々、また障がいの発生が予測される人々に対して基本的な動作能力の回復・維持をはかるのが理学療法士です。筋力増強などの運動療法および温熱その他の物理療法についての専門的な知識・技術を学びます。 人体の構造、疾病と障がいの成り立ち及び回復過程といった医学的知識を基に専門科目に重点をおいて、段階に応じて学習できるカリキュラムになっています。 障がいを持つ人々の社会参加を支援する、地域リハビリテーションのあり方についても実践的に学びます。

学ぶ内容
閉じる
取得資格

3年で理学療法士(国家試験)の受験資格を取得できます。

高齢化社会が進むにつれて、高齢者の在宅での生活と療法を適切に支援する「理学療法士」の重要性はますます高まっています。本校では昼間コース3年制・夜間コース4年制を設定しており、 プロとして通用する専門知識と技術、心構えを修得できます。卒業時には理学療法士(国家資格)の受験資格を取得できます。

<取得資格>理学療法士国家試験受験資格/専門士

夜間コースはこちら

資格について詳しくはこちら

閉じる
卒業後の進路

医療領域

総合病院、大学病院、リハビリテーションセンター、労災病院、精神・神経科病院、小児病院、老人病院、診療所 など

保険領域

保健所、保健センター、精神保健センター、地方自治体 など

福祉領域

デイケアセンター、デイサービス、老人保健施設、身体障害者更生施設・療養施設・授産施設、身体障害者更生相談所、児童相談所、身障・老人福祉センター、社会福祉協議会、 精神薄弱者更生施設・授産施設、精神障害者授産施設、四肢不自由児施設・母子通園施設、心身障害児施設、特別養護・養護老人ホーム、在宅介護支援センター、福祉機器センター、小規模作業所 など

教育領域

作業療法士・理学療法士養成校、特別支援学校 など

その他

スポーツ・フィットネス施設、トレーナー、青年海外協力隊 など

就職について詳しくはこちら

閉じる

カリキュラム

基礎分野

理学療法士に必要な科学的思考の基礎・教養学問を学びます。

心理学、人間関係論、教育学、社会福祉学、情報処理、物理学、文章構成
閉じる
専門基礎分野

人間の心身の発達、人間の体の仕組み・栄養・代謝および疾病の病態を学びます。

解剖学Ⅰ~Ⅲ、機能解剖学Ⅰ~Ⅱ、生理学Ⅰ~Ⅱ、生理学演習、運動学Ⅰ~Ⅱ、運動学演習、人間発達学、医学概論、病理学概論、神経内科学、整形外科学、内科学、臨床心理学、精神医学、リハビリテーション概論、保健医療福祉制度論
閉じる
理学専門分野
理学療法学概論、運動生理学、臨床運動学、理学療法評価法Ⅰ~Ⅱ、理学療法評価法演習、運動療法学、物理療法学、日常生活活動学Ⅰ~Ⅱ、装具学、義肢学、中枢系障害の理学療法学Ⅰ~Ⅱ、骨関節疾患の理学療法学Ⅰ~Ⅱ、内部障害の理学療法学、小児疾患の理学療法学、理学療法学技術演習、理学療法学総合学習、生活環境学、地域理学療法学、臨床実習
閉じる