八千代リハビリテーション学院

MENU

先輩の声

本学院を卒業し、臨床の第一線で活躍する先輩たちに学生時代を振り返りながら語り合っていただきました。

ここで学ぶことのすべてが、
あなた自身の力になります

─皆さんすでに実践の場で活躍されていますが、あらためて学生生活を振り返ってみていかがでしょうか?

  • 伊藤さん

    理学療法士:伊藤さん

    学生時代に学んだことが、すべて活きてきますね。臨床に出てみると、それを痛感します。

  • 加藤さん

    理学療法士:加藤さん

    そう、「無駄なことは一つもない」という感じ。学生時代は気づかなくても、学んだこと一つひとつが自分の力になって、大きく役立ちます。

  • 新田さん

    作業療法士:新田さん

    カリキュラムに実習が多いというのもいいところ。
    臨床を肌で感じられたことで、働き始めたときに戸惑うこともあまりありませんでした。

  • 古川さん

    作業療法士:古川さん

    僕は苦手分野をそのままにしておいたために、就職してから勉強し直すはめに(笑)。
    在学生の皆さんには今のうちにしっかり勉強することをお勧めしますよ。

─国家試験や就職についても、手厚いサポートがあると聞きました。

  • 伊藤さん

    理学療法士:伊藤さん

    国家試験の前には少人数でグループ学習をするんです。全体を復習したり苦手なところを重点的に勉強し直したり。

  • 稲葉さん

    理学療法士:稲葉さん

    先生も加わってくれるので、効率よく受験対策ができますよね。

  • 古川さん

    作業療法士:古川さん

    求人も多くて、先生方がしっかり相談に乗ってくださるので、希望に沿った就職先を探せるのも助かりました。

  • 加藤さん

    作業療法士:加藤さん

    作業療法士:加藤さん 私は臨床実習のときにお世話になったグループ病院の雰囲気に惹かれて
    「ぜひここで働きたい!」と思ったんです。
    今は希望通り、その病院で働いています。

  • 新田さん

    作業療法士:新田さん

    僕もそう。臨床実習って「会社訪問」のような側面もあるのかもしれません。

─では最後に、後輩たちにメッセージを。

  • 稲葉さん

    理学療法士:稲葉さん

    学生時代に覚えるべきこと、身につけておかなくてはならないことはとても多いです。
    ですがそれは、すべて自分の身になる知識や技術なのですから、
    しっかり学んでほしいと思います。

  • 伊藤さん

    理学療法士:伊藤さん

    新しい知識や技術も登場しますし、臨床ならではのセオリーもあります。
    ですから「就職しても勉強」の構えが必要ですね…
    私自身も含めてですが(笑)。

─どうもありがとうございました。