在校生・卒業生の声

在校生の声

在校生の声 藤田さん

理学療法学科 夜間コース 藤田さん

以前から興味のあった理学療法士ですが、見学の際の学校や先生の雰囲気が良く、学ぶ意欲を向上させられると思い入学を決めました。
時間的に忙しいですが、再び学べることは新鮮で毎日充実しています。

在校生の声
在校生の声 藤代さん

理学療法学科 夜間コース 藤代さん

病院での受付の仕事や、スポーツでの怪我の経験から理学療法士に興味を持ちました。仕事をしながら通えて幅広い年齢層の方々と友達になれるのが夜間コースの良さだと思います。

在校生の声

卒業生の声

在校生の声 市村 紀子さん

作業療法科 市村さん

私は以前、社会人として働いていましたが、自分らしさを活かせる仕事がしたいと思い、以前から興味があった作業療法士になるべく、入学しました。八千代リハビリテーション学院は、先生方の熱心で丁寧な指導と新しくカラフルな施設で、気持ち良く勉強に励む事ができました。さらに、最新の設備機器も使用する事ができ、最先端の知識を十分に学べます。
 実習では、医学に携わる一員だという責任を改めて実感し、意欲が湧いてきました。そして、当たり前のように普通の生活をする事が、どんなに大切なのか気付かされました。患者様の生きる力が回復していく様子を見て感動を覚え、その手助けが出来る位置に早くつきたいと思いました。  患者様はもちろん、周りの人達に信頼される作業療法士を目指して頑張っていこうと思います。

在校生の声
卒業生の声 宮野 慎太郎さん

理学療法学科 宮野 慎太郎さん

私は現在、回復期リハビリテーションの病院で自宅退院を目指す患者様を対象に、理学療法士として日々仕事に励んでいます。
患者様が自宅退院を目指す上で重要なのは、身体機能の回復・改善はもちろんの事、家族の方への介助指導や家屋改修のアドバイス等、患者様の環境設定を視野に入れながら関わりを持つことです。そのため、常に患者様の立場に立った広い視野を持つことを心がけて仕事をしています。
理学療法士に興味を持ったのは「人のためになる仕事をしたい」という想いからです。きっかけは、私自身がバイク事故に遭い、リハビリを経験したことでした。その時に出会った理学療法士の先生は、他の患者からの信頼も厚く、安心感や元気を与えてくれる優しい先生でした。その先生と接したことで、「人のためになる理学療法士」を「自分もやりたい!」と思い、八千代リハビリテーション学院への入学を決めました。
在学中は、臨床の土台となる基本的な知識と技術を学院の先生方が本当に親身になって教えて下さいました。また、同じ目標を持った仲間達とともに勉強することで、チームワークの大切さを学び、現在の職場で十分に活かされています。
今後も、理学療法士として、患者様の身体機能の回復・改善だけではなく、患者様に安心感や元気を与え、一人でも多くの患者様が自宅退院や自立した生活を送ることができるように頑張っていきたいと思います。

卒業生の声
卒業生の声 曳地 晴香さん

作業療法学科 高木 晴香さん

作業療法士の仕事は、患者様と患者様のご家族の将来に繋がる為、責任は重く、大変な仕事だと日々感じています。しかし、患者様と同じ目標に向かい、共に頑張るという所に魅力ややり甲斐を感じます。
八千代リハビリテーション学院に入学したきっかけは、遠方に住んでいる私の祖母でした。年々、自分で出来ることが少なくなり、日常生活に支障をきたすようになった祖母を見て、私が力になりたいと強く願うようになりました。それが作業療法士への道でした。在学中、学んだことは現在の仕事にとても役立つものでした。長期の実習は辛いこともありましたが、そこで学んだ知識や患者様とのコミュニケーションの取り方は、仕事をしていく上で非常に重要で、現在の仕事に活かされていると感じます。
今後の目標は、もっと高い知識・技術を身に着けて、患者様とそのご家族が笑顔でより良い生活が送れるような力になることです。そのために、身体面だけでなく精神面もしっかり考え、サポートできるセラピストになります。

卒業生の声
卒業生の声 五十嵐 潔さん

理学療法学科 五十嵐 潔さん

八千代リハビリテーション学院では、技術だけでなく、患者様への接し方・考え方の大切さを学びました。
私は以前、介護の仕事をしていました。そのとき、患者様がもっとより良い生活が送れるようにお手伝いしたいと思い、八千代リハビリテーション学院へ入学することを決めました。現在の職場では、脳卒中や骨折等により身体にダメージを受けた患者様が立位歩行を目標としてリハビリを行っています。理学療法士の仕事は、自分の技術を提供するだけではなく、リハビリを通して一緒に考え、感じる仕事だと思います。基本となる技術だけではなく、患者様への接し方等の精神的なリハビリの大切さを学ぶことができました。
病気や怪我により、マイナスな考え方になってしまう患者様もいらっしゃいます。そんなとき、前向きな考え方ができるように一緒に考え、感じていける理学療法士になることが私の夢です。

卒業生の声
卒業生の声 高橋 美波さん

作業療法学科 高橋 美波さん

私が作業療法士を目指したきっかけは、仕事について活々と話す作業療法士の友人に感動し、私も誰かの役に立ちたい!と言う強い思いが湧いたからです。
現在、回復期病棟の専任メンバーとして主にCVA患者様のリハビリ、外来で整形外科の担当もしています。
在学中は、患者様の立場になって考えたり、患者様への接し方の基本を学べたと思います。作業療法士になった今も試行錯誤しながら、学んだ事と現場経験を積み重ねながら前進中です。正直、大変な事が多く、悩んだりもしますが、先輩や同期の方達に助けられながら、常に勉強の日々。充実した毎日を送っています。
まだまだ至らない点はありますが、担当させて頂いている患者様一人一人をしっかり支えられる様になりたいです。本当の意味で、退院後の生活を支援できるように。

卒業生の声
卒業生の声
ページの先頭へ戻る
資料請求フォームへ