作業療法士 竹内 舞さん 特別インタビュー 実際に作業療法士として働く竹内さんに、卒業後のキャリアや現在のお仕事についてインタビューしました。

「患者さんの人生をあずかる責任感」を、いつも大切にしています。

作業療法士の仕事は、脳の病気や事故などで手足が不自由になった方の心身の回復を助けることです。
理学療法士は患者さんが歩けるようになるお手伝いをしますが、作業療法士は炊事、洗濯、仕事、趣味など、患者さんが元の生活に戻るための動作や活動の回復をお手伝いします。
患者さんの身体に触らせてもらうときは、「患者さんの人生をあずかる責任感」を感じます。
だから、「患者さんのその後の人生は私たちにかかっているんだ」といつも考えながら仕事をしています。
マッサージをして、上がらなかった肩が上がるようになり、患者さんから「ありがとう、楽になったよ」と言われたとき、「作業療法士になってよかった」と思います。

私の学生時代

私の学生時代

大学や専門学校でも四年制の学校が増えていますが、八千代リハビリテーション学院は三年制なので、いち早く臨床で活躍できるのが魅力でした。
学年全員の顔と名前がわかるほどの少人数制で、「国家試験に合格して、人の役に立ちたい!」という同じ目標に向かって学べたので、みんなとても仲良しです。実習前には、お互いに実技練習をしたり、国家試験前も、クラスメイト同士で分からないところを教え合いながら勉強しました。国家試験が終わった後に、みんなで草津温泉に行ったのも、いい思い出です。

卒業後の今も、老人保健や精神保健の分野に進んだ友達と集まっては情報交換してます。「一生の友達」ができました。

後輩への応援&アドバイス

後輩への応援&アドバイス

今の時代、医療系の資格を持っていることは、「武器」になります。
特に女性であれば、結婚して子育てをした後も、資格を持っていることで容易に復職できるというメリットもあります。作業療法士の仕事は、患者さんがその人らしい生活を送れるよう、生活動作の回復を手伝います。
趣味活動などができるようになれば、患者さんの「人生の質」も向上すると思うんです。それには、人の身体のしくみや病気についてなど、幅広い医学知識が必要です。数学や理科が得意じゃない人でも大丈夫!八千代リハビリテーション学院の先生方が、とても親身になって教えてくれますよ。

ぜひ皆さんも、「人の役に立つ」医療のお仕事を目指してください!

特別インタビュー動画

竹内 舞

竹内 舞
八千代リハビリテーション病院勤務
作業療法学科(昼間)/2010年3月卒

理学療法士として働く姉の姿を見て、医療関係の仕事に興味を持つ。
作業療法士として、「患者さんの希望を大切にする」ことを心がけているという竹内さん。「自分がしたいリハビリをするのではなく、患者さんが『こういう生活を送りたい』と思う状態に向かっていくのを助けるリハビリをする。
そのためにはよく話し合って、患者さんの目標を理解することが大切です」と語る。
また、医学の進歩にあわせて今も日々勉強を欠かさない。「疑問に思ったことは、すぐ調べることを習慣にしています」。

ページの先頭へ戻る
資料請求フォームへ