八千代リハビリテーション学院

MENU

ヤチリハのブログ

富良野メロンパン

学院に富良野メロンパンの移動販売が来てくれました。

IMG_3846

↑↑↑見てください!大・大・大盛況!

 

この日はとても暑く、メロンパンと一緒にソフトクリームが売れていたみたいですね。

IMG_3847 IMG_3849

とても楽しそうですね~。

IMG_3851

定期試験に向けて忙しい時期になりますので、メロンパン食べてみんなで頑張りましょう!!

理学療法学科授業紹介(臨床運動学)

こんにちは。理学療法学科専任教員のKです。
私は八千代リハビリテーション学院に赴任して2年目の教員になります。
現在は、昼間コース2年生の担任をしており、担当科目は「運動療法学」と「臨床運動学」です。今回は臨床運動学についての紹介をしたいと思います。
臨床運動学は人間の動き方を勉強します。リハビリを必要としている患者様の中には、寝たきりと呼ばれる状態になったり、座る・立つ・歩くときに他人による介助が必要な状態になったりする方がいます。そのような動けない患者様が自分で動けるようになるためには、‟どこの関節がどう動くのか”、‟動くためにはどこの筋肉が働かないといけないのか”を考えて、動きを観察して、何でできないのかを考える(分析)ことが必要となります。これは、理学療法士が行う動作分析という評価です。患者様の治療を行う前後・最中で実施するものです。
この動作分析は、見る視点が多いので学生には難しいという声が毎回出てきます。経験によって左右されるものでもあります。そこで、一人で考え込むよりも多くの人数で意見を交換した方が良いと思いますよね?そこで、授業ではこのようにしています。

図1   図2

この写真は夜間コース3年生の授業場面です。仮に立つことができない患者様がいたとします。その患者様が「なぜ立てないのか」が分かるようになるのが最終目標です。そのために、立てない現象を状況別に考えることから始めます。お題としては「猫背からは何で立ちづらいの?」や「低い椅子から立つのは何で立ちづらいのか?」といったものをディスカッションしたり、授業で解説したりします。そして教員が皆さんから出た意見をまとめつつ、アドバイスをします。
これらを繰り返すと、見る力が養われますので、今度は患者様の動画でいよいよ分析する作業に入ります。ディスカッションを通して「意見する力」や「考える力」そして、「見る力」が養われます。この段階にくると、多くの学生は患者様を見て、動けないポイントが自然と見えてくるようになります。意見の交換が盛んに行われる授業なので、熱い議論が交わされています。
私も学生から出る分析に対して気づかされることが多く、もっと勉強しないといけないなと毎回思わされます。病気に対する治療は新しいものが常に開発されています。それに対応できるようにしないといけませんし、我々教員もそれを伝えられるように頑張らないといけません。皆さんの姿が私を刺激してくれます。
授業の紹介はこのようなところです。入学を検討されている皆様、本校の教員は学生と切磋琢磨して成長したいと思う人間の集まりです。そのような八千代リハビリテーション学院で、一緒に理学療法士・作業療法士を目指しませんか?

 

7月23日(土)は夏のオープンキャンパスっ!

平成28年7月23日(土)に夏のオープンキャンパスが開催されます。 ⇒オープンキャンパス詳細は★こちら★

IMG_0030

(昨年の様子は★こちら★

夏のオープンキャンパスはイベント盛りだくさん!

「模擬授業」では、理学療法・作業療法それぞれの観点から「脳血管障害のリハビリ」についてお話し致します。

また、「寮見学」ができるのは夏のオープンキャンパスだけです。「家から通うのは大変だなぁ…」と思っている方、”駅近・オートロック”の学生寮を見に来てくださいな!

さらに、「個別相談」では、教員・事務・在校生がそれぞれ相談窓口を用意しています!特に「在校生」に話が聞けるのは夏のオープンキャンパスだけ!

・定期試験は難しいのかしら?

・一日何時間くらい勉強しているの?

・夜間コースの人々はどんな生活をしているんだろう?

などなど聞き放題!

 

「AO入試のエントリー手続き」がお済みでない方はぜひご参加ください!

※八千代リハビリテーション学院のAO入試受験を検討されている方はオープンキャンパスでのエントリー手続きが必要になります。

詳細は★こちら★をご覧ください。

 

お申し込みはホームページから ⇒ ★こちら★

 

心よりお待ちしております!

03summer_ver8-s - コピー

ナンバについて ~ 現代人が忘れかけた、もう一つの歩き方 ~

【ナンバってナンダ?】
ナンバとは同じ側の手と足を同時に振り動かして歩くことを言います。子供の頃を思い出してください。例えば卒業式で卒業証書を貰う為に壇上に上った時に、緊張しすぎて同じ側の手足を同時に振り出して歩くクラスメイトを見た事ありませんか。そういう普段の歩き方とは異なる歩き方をナンバといいます。
ナンバはカタカナで書き表す言葉ですが、外来語ではありません。実は学問的な言葉ではなく、専門書には似合わない少しくだけた言葉です。でも、この言葉ではないと表現できないヒトの動きがあるのです。では、ナンバの意味は何でしょうか。
「ナンバ」とは、日本古来の歌舞伎のある演技方法(動作)を指した言葉です。舞台上を移動する際、普段どおりに歩いたのでは演技になりません。走る(歩く)躍動感を誇張したり、観客に迫真に満ちた顔の表情を見せるために、同じ側の手と足を十分に振り動かして歩いたり構えたりします。歌舞伎ではこの歩き方を指してナンバといいます。(図1)
ちなみに「ナンバ」の意味の由来については諸説があります。例えば重たい荷物を背負って急峻な階段を登るような「難場(なんば)」では、自然と膝の上に同じ側の手をあて膝と肘をのばして歩く姿勢になることから、「難場」の字から由来する説があります。また西洋から伝来した滑車が「南蛮(なんばん)」とよばれ、これを使って綱を引く姿から生まれたという説、南蛮人すなわち外国人の歩き方を嘲笑したことに始まる説などがありますが、定説はないので俗っぽい意味も含めてカタカナなのです。

図1

図1 歌舞伎の「六方」にともとづく演出

【ナンバの流行とナンバを巡る混乱】
ナンバという言葉はスポーツや介護の分野で少し流行した時期がありました。
ナンバの流行の発端は、古武術研究家の甲野善紀の著作などにより「ナンバ」の名称が知られたことから始まります。それ以後、桐朋学園大学教授の矢野龍彦などによるナンバ走りを取り入れたスポーツ理論の提唱、2003年6月の日本陸上競技選手権大会の男子200mで20秒03のアジア新記録を出した末續慎吾が「ナンバ走りの動きを意識して走った」と語ったことで、この走法もしくは「ナンバ」が注目されることとなりました。しかし事実としては、桐朋高校のバスケットボール部の選手や末續慎吾も試合(競技)の場で「ナンバ」は行っているわけではありません。実際にはナンバをトレーニングに取り入れることにより獲得された運動学習をもとにして生み出された無駄のない効率的な走り方のことを指して「ナンバ走り」と呼ぶことが多く、ナンバの定義が飛躍して用いられる場合があります。
また古武術でのナンバの概念の紹介とともに、江戸時代までの日本人の歩行はナンバ歩きであったとする議論に賛否があがりました。ナンバ歩きの定義に、腕を振るのか振らないのかも含め曖昧さが相まって混乱しました。

【昔の日本人はナンバ歩きしていた!?】
日本人は古来、ナンバ歩き(走り)をしていたとする説がある一方、否定する説もあります。私の見解としては、ナンバ歩き肯定または否定する絶対的な見解を求めるのではなく、ナンバ的要素を含めその時々の状況や儀礼(作法)、生活様式に即した多様な歩き方を持ち合わせていたとする、いわば部分的に肯定する相対的な見解です。その理由は4つあり、以下に説明します。
1.道路環境
皆さんは普段どのような場所を歩いていますか?ほぼ間違いなく誰かが歩きやすいよう整地した所を歩いているはずです。そして皆さんが普段から行っている歩き方は整地された所を歩くために最適な歩き方です。すなわち、平坦な路面、規則正しい階段、極端な重量物を背負わない現代社会において、普段の歩き方は非常に理にかなった歩行と言えます。
しかし江戸時代までの社会ではどうでしょうか。現在とは比べ物にはならないくらい悪路であったことは容易に想像できます。不規則な階段、木の切り株や地表に現れた樹木の根っこ、大きな石、砂地や泥炭地の路面、雨が降ればぬかるみ、冬になれば路面は凍結、積雪等、挙げればきりがありません。このような実に多様な路面状況で、飛脚(ひきゃく)や行商(ぎょうしょう)はどのような歩き方をしたのでしょうか。状況に応じて歩きやすい歩き方に適応するような多様な戦略を持っていたと考えるほうが自然です。
2.演出
江戸時代までの日本人の歩き方がナンバである根拠として浮世絵や歌舞伎を挙げているひとがいます。しかし、これらは当時の日常を忠実に描写した側面もあるが、演出の側面も考えられます。浮世絵にしても歌舞伎にしても、一平面上の作品であり普段の歩き方のように身体に捻れがあるようでは、死角が生じ「絵」になりません。
ちなみに桃山時代に南蛮人の姿を模写した絵として狩野内膳筆の「南蛮屏風(重要文化財)」があります(図3)。ここに描かれている南蛮人、日本人ともにナンバ歩き(走り)をしています。当時の絵画を根拠にあげても不毛な議論ではあるが、少なくとも言えるのは、当時の絵が必ずしも忠実な描写ではないということです。そういえば、非常口を示す扉に向かって逃げる人の描写も、見方次第ではナンバですよね?(図4)

図2

図2 代表的な浮世絵の1枚「大谷鬼次(2代目)の江戸兵衛」, 東洲斎写楽, 1794
足元は描写されていないが胴回りの向きから推測すると左足は前に出している構図となる。

図3

図3 桃山時代に描かれた南蛮人の走る姿 武士も南蛮人もナンバ歩きをしている。

図4

図4 非常口のマーク

3. 衣服・履物(はきもの)
皆さんは浴衣(ゆかた)を着る機会がありますか?着たことがある人に質問ですが、外出先で着崩れて困った人はいませんか?着崩れるには理由があるのです。
江戸時代までの衣服は男女ともに着物です。現代の私たちの普段の歩き方では胴回りをねじって歩くために着物がすぐさま肌蹴(はだけ)てしまいます。お侍さんは加えて脇腹に刺した刀が落ちてしまいます。よって江戸時代までの人は、歩くとき胴回りをねじらぬ様に工夫して歩いていたと考えられます。具体的には小さな歩幅で小走りに、腕は振らず歩きます。走るときには手を胸元や脚の付け根において、肌蹴る着物を直しながら走るか、刀を押さえながら走る格好となります。そのような歩き方や走り方は胴回りをねじらない様にしている点において、ナンバに共通します。
履物も着物同様に明治時代を境に大きく変わりました。江戸時代までの履物として下駄(げた)や草履(ぞうり)が代表されますが、これらの履物には現代の私たちが履いているような踵(ヒール)に相当するものがありません。(図5)草履の種類として足半(あしなか)わらじといって前足部だけで履く草履が普通に用いていました。このことから言えることは、現代人は踵から床に着いて歩く(踵接地)が江戸時代までの人は摺り足(立脚初期の踵接地(かかとせっち)がなく前足接地となっている)であることが伺えます。江戸時代までの日本人が摺り足(すりあし)で歩く理由として、日本においては着物による制約のため小さい歩幅で歩くことから踵接地する必要性が低いこと、踵を少し浮かして歩くことにより、脚全体がバネの役割を果たし、悪路や傾斜地を歩くには適していることが考えられます。

図5

図5 日本の履物  台の方が足より長いと、足と台の間に裾が入り、着物の裾を踏みつけてしまう。これにより着物が肌蹴たり転倒したりする原因になるので、台の方を足より短くするようである。

4. 儀礼(作法)
日本古来特有の儀礼(作法)があり、歩行の仕方についても作法があります。礼儀作法の流派として知名度の高いものに小笠原流があり、弓術・馬術・礼法・軍陣故実などの武家社会の規範となっています。
小笠原流の歩行は、屋内においては踵も爪先も着けたままの「摺り足」を基本としています。屋外においても完全な摺り足ではありませんが、草履の裏を見せぬよう後方への蹴りだしを極力抑え、爪先から接地する。このほか、どの歩行周期においても膝を完全には伸展せず、体幹は回旋しない、腕を振らない最低限の部位しか動かさない静的な歩容とし、急ぐときほど歩幅を小さくし、歩調で速度を稼ぐことを作法としています。

【まとめ】
さて、今回はナンバを中心に話をしました。現代の皆さんが普段用いている歩き方とは異なる歩き方があることを知って頂きながら、歩くことの奥深さに興味を持ってもらえれば嬉しく思います。
【参考文献】
〈書籍〉
『舞踊の芸』 武智鉄二著 東京書籍
『伝統と断絶』武智鉄二著 風濤社
『舞踊と身体』蘆原英了 新宿書房
〈WEBサイト〉(2004年2月現在)
「大阪・上方の蕎麦」南蛮・なんば・なんばん語源の謎

http://www10.ocn.ne.jp/~sobakiri/4-1.html

「常歩(なみあし)身体研究所」

http://www.namiashi.net/

臨床実習について

今回、ご紹介するのは臨床実習です。

 

昼間コース3年生、夜間コース4年生では臨床実習があります。

病院へ行って、患者様の検査、治療介入などの技術を見学、体験してきます。

臨床実習は、模倣・解釈実習(4週間)、統合実習Ⅰ期(8週間)、統合実習Ⅱ期(8週間)があり、現在は統合実習Ⅰ期の臨床実習に取り組んでいます。

 

臨床実習はとても緊張すると思います。

その緊張を少しでも和らげるために、八千代リハビリテーション学院の臨床実習には特長があります。

 

1つ目。

臨床実習をグループ病院で行っています。

まず、グループ病院が関東圏にたくさんありますので、八千代リハビリテーション学院では関東圏で臨床実習を行うことができます。

次に、グループ病院の理学療法士・作業療法士は八千代リハビリテーション学院の卒業生が多く在籍しており、加えて、卒業生の勉強会など臨床実習以外でも連携を深めています。

臨床実習指導者と学院教員のコミュニケーションがとりやすい環境であるといえます。

 

2つ目。

臨床実習中に学院の教員が頻繁に訪問します。

他校の臨床実習では「実習地訪問」として、8週間のうち1日だけ訪問することが多いですが、八千代リハビリテーション学院では「臨床教員」として8週間のうち610回は訪問します。

学院教員も実際の臨床実習場面を見て、その場でアドバイスしています。

普段から接している教員が頻繁に来るのは安心感がありますね。

 

3つ目。

1つの臨床実習病院へ複数の学生を配置しています。

クラスメートが同じ臨床実習病院にいるので、助け合いながら臨床実習に取り組むことができます。もちろん、臨床実習中は個別に指導者がついて行いますよ。

 

臨床教員としてお伺いした原宿リハビリテーション病院でも、皆さんが活き活きと臨床実習に取り組んでいました。

実り多い臨床実習になるといいですね。

原宿

ミニオープンキャンパスレポート 7月6日(水)

7月6日(水)にミニオープンキャンパスが行われました。今回は夜間開催(18:00受付、18:30開始)でした。

 

夜のミニオープンキャンパスは、部活動やお仕事の後にもご参加頂けます。また、学校説明、学院見学や個別相談に加えて、理学療法学科夜間コースの授業見学もできます。

オープンキャンパスの詳細については★こちら★をご覧ください!

 

では、ミニオープンキャンパスの様子をお伝え致します↓↓↓

IMG_3797

↑↑↑受付前。準備万端です。

 

まずは学校説明から。今回はベテラン作業療法士教員が担当しました!

IMG_3801 IMG_3803

皆様、とても真剣です!

 

次に学院見学。こちらでも熱心に聞いてくださいました。

IMG_3811 IMG_3813

 

↓↓↓こちらは「講堂」。夜間3年生の授業見学です。

IMG_3832

授業内容は「臨床運動学」。グループディスカッションと発表が中心の授業です。

↓↓↓在校生。発表中みたいですね。

IMG_3822

 

次に、日常生活動作室。

「日常生活動作」とは、日常の生活動作のことです。そのままですね(笑)。

IMG_3841 IMG_3850

日常生活動作室は、実際の生活空間に近い環境になっています。この中でリハビリを学ぶ訳ですね。

 

学院見学では、他にも学生が自由に使える学生サロンや、陶芸を行う木工金工陶工室なども見学します!

よろしければオープンキャンパスへご参加ください!

 

次回のオープンキャンパスは7/23(土)「夏のオープンキャンパス」です。

「オリジナルグッズプレゼント」「過去問題プレゼント」「入学選考料減額」などなど特典充実!

ぜひぜひご参加ください!!! (詳細は★こちら★

 

卒業生インタビュー!

理学療法学科昼間コース1年生が卒業生インタビューを行いました。

IMG_3714

このイベントには色々な目的がありますが、最大の目的は、色々な行事や苦労したことを聞いて準備ができるという点にあります。

今日ばかりは教員を抜きにして、先輩だからこそ聞けること、後輩だからこそ言えることをインタビューしていました。

 

ではちょっと覗いてみましょう↓↓↓

IMG_3716 IMG_3718

1年生7~8名と卒業生1人が班を作りインタビューです。

いくら後輩とはいえ、これだけ囲まれると卒業生もさすがに緊張している様子です(笑)。

IMG_3719

おや?余裕の先輩もいるようです↓↓↓。頼もしい~

IMG_3720

どの班も熱く語っています。

IMG_3722 IMG_3725

IMG_3734 IMG_3738

IMG_3739 IMG_3740

 

授業中よりも鋭い眼差し!

IMG_3742

やはり卒業生の話には説得力があるみたいですね。

教員の指導よりも効果的な面がありそうです。

 

担当教員は思惑取りで「ニヤリ」(笑)。

IMG_3747 IMG_3756

また、この日は卒業生・関連グループ病院セラピスト対象の勉強会と同日開催だったので他の卒業生も顔を出してくれました。

 

最後に記念撮影。1時間くらいのインタビューでしたが、とても仲良くなった様子ですね。

IMG_3759 IMG_3763

IMG_3764 IMG_3767

IMG_3769 IMG_3772

IMG_3774

卒業生のみなさん、ありがとうございました。

また、力を貸してくださいね。

6月30日(木)勉強会の様子

6月30日(木)の、卒業生・関連グループ病院セラピスト対象勉強会の様子をお伝えしたいと思います。

 

今回は教員の修士論文に関係する講義でした。

内容は「ノルディックウォークが高齢者の歩行に与える影響」について。

ノルディックウォークとは、↓↓↓こういう歩行です。登山などで使用するトレッキングポールを使用しての歩行のことです。

main8

下肢に負担がかからないので最近注目されており、リハビリにも取り入れられてきています。

 

講義の様子はこちら↓↓↓

IMG_3776

講義した教員も自身の研究に関することなので、非常に詳しく教えてくれました。

 

卒業生も教員も熱心に質問し意見交換をしました。

IMG_3778

 

この後には症例報告が行われました。

来月の勉強会についてもこのブログにてご案内致します。

卒業生が来院しました。

卒業生が来院しました。

 

3組の卒業生が来てくれたのでご報告します。

こちらは今年の3月に卒業して整形外科に勤める卒業生。学会での発表を目標に情報収集に来たそうです。

IMG_3571

 

↓↓↓こちらは昨年の卒業生。やはり学会での発表を目標に情報収集に来たそうです。

もちろん、教員は卒業後にも協力します。

IMG_3588 IMG_3591

 

↓↓↓こちらは今年3月の卒業生。関連グループ病院へ就職しました。

卒業してからも図書室で勉強する姿を見かけます。

IMG_3592

 

八千代リハビリテーション学院は、卒業生対象勉強会を開催したり卒業生へ図書室を開放するなど、卒後に勉強できる体制を整えています。

今後も卒業生が利用しやすい学院でありたいと思っています。

理学療法学科2年生 レクリエーション

理学療法学科2年生のホームルームでレクリエーションの時間がありました。

この時間は、学生自身が企画・運営を行う時間です。今日は卓球大会のようですね。

 

↓↓↓カメラを向けたらポーズ!盛り上がっております(笑)。

IMG_3648

 

↓↓↓女子の黄色い声援も飛び交っていました!男子は気合入りますね~。

IMG_3652

 

↓↓↓男女交流戦!楽しそうです!

IMG_3656 IMG_3665

 

昼間部2年生は今年度末から臨床実習が始まります。

息抜きしつつ、勉強に実技練習に、頑張りましょう!

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー