八千代リハビリテーション学院

MENU

ヤチリハのブログ

国家試験に向けてラストスパート!

国家試験に向けてラストスパート!

2月21日(日)の国家試験本番に向けて教員の個別指導が実施されています!
岡住①


筋肉や関節などの動きも実演をまじえながら学生指導しています
岡住②




感染対策も万全です。
岡住③


毎日遅くまで勉強お疲れ様。
受験まであと少し!
みんな頑張れ!!


八千代リハビリテーション学院、教職員一同

休み時間の過ごし方

1月も後半になり、最終学年は国家試験対策で少し疲れがみられます。そんな中、学生達の行動で2分されるのが昼休憩時間です。あるグループは午後の勉強に備えて昼寝をしているが、別のグループは共同で携帯ゲームを楽しんでいる。個人的には「ゲームしていて休めるのかな?」という思いがある一方、良く考えてみると1年生も2年生も対戦型ゲームを楽しんでいる。なんで同じように戦い合いゲームをしているのか」という疑問から真面目に調べてみた。

まず良く見かけるゲームとしては「FPS」というゲームを見かける。FPSゲームとは主人公視点で進む3Dガンシューティングゲーム. FPS(First Person Shooter)の事で主に人や架空の生物が対象で、複数人で対戦も可能である。そのゲーム中によく聞かれる言葉は「死んだ」「死にそう」などの少し乱暴とも思える会話で楽しんでいる。
次になぜFPSゲームが人気なのかを調べてみるとに「アクション」と友達において関係性が高いという論文があった。それは動機が「友人を誘ったり誘われたりしてゲームで遊ぶことがあるから」など友達との交流に関わる因子である。この調査において「アクション」は友達との交流が強い動機になる事が分かった。つぎに「なぜ対戦的なゲームを好むのか」については「人に認められたい」という気持ちから好まれるという点において関係性が高いとされていた。

最後に「リラックス効果」や「気晴らし」とは逆に関係性がマイナスになっており、対戦型ゲームではストレスや疲労につながる可能性が高いと証明されている。以上の事より個人的な見解として対戦ゲームは友人関係を構築し人に認められたいという欲求を満たすことから好まれている。しかし気晴らしやリラックス効果はないという事が分かった。
どおりで最近私は疲れているのかな。

感染予防対策

作業療法学科は実習が終わり、国家試験対策に入りました。

グループワークで取り組むため、感染予防としてビニールシートを取り付けました!

手洗い・マスク・物品消毒。感染予防を行っていきます。

 

皆で楽しく作業活動!!

富本1 富本2 富本3

楽しく、あっという間に作り終えました。

 

 

富本4 富本5 富本6富本7

これから国家試験に向かって皆で協力して頑張っていきます。

 

 

⇒⇒⇒作業療法学科の詳細はこちら

八千代リハ 国家試験対策 作業療法学科名物

季節の変わり目

肌寒くなってきましたが

いかがお過ごしでしょうか。

 

作業療法学科教員の勝木です。

 

さて、10月から2月21日の国家試験に向けて

国家試験対策がスタートしました。

 

今回は作業療法学科の国家試験対策の一部を

紹介します。

 

国家試験は「個人戦」ではなく「団体戦」です。

ひとりひとりが「必ず合格」することを目指し、

クラス全体が「必ず合格」することを実現します。

 

その方法の一つが「グループ学習」です。

国家試験対策の「王道」のひとつです。

 

グループでは過去の国家試験問題を解いて

問題を解くために必要な知識を整理して

一枚のポスターにわかりやすくまとて

「覚えるもの」をしっかりと覚えていきます。

 

ポスターは

ただ教科書を写すだけでなく、

わかりやすく、つたわりやすく、まとめていきます。

そして、まとめたものは壁に貼っていきます。

 

なので、個性がでて斬新なものやカラフルでわかりやすいものなど

思わず笑顔になるようなものもたくさんあります。

 

一週間ごとに張り替えるのですが

1日目

勝木①

2日目

勝木④ 勝木③

 

3日目

勝木⑥ 勝木⑤

 

たくさん!!

 

調べる・まとめる・ポスターにするっていう「作業」



グループメンバーにポスターの内容を説明するっていう「表出(アウトプット)」



グループ内で「記憶」できているか確認し合い

時間と作業の共有を繰り返しながら

知識を蓄積させていきます。

 

まずは年内で基礎固めです。

 

合格への道に近道はないですが、

日々の取り組みで確実に前進できています。

 

きついこと苦しいこともあるかもしれませんが、

教員も一緒に100%合格を目指します。

私は100%合格を疑いません。

いまから合格発表が楽しみです。

作業療法学科 合格率100%です。

ご期待ください。

 

最後まで

読んでくださり

ありがとうございました。

 

⇒⇒⇒作業療法学科の詳細はこちら

夜間コースについて②

こんにちは。

 

今日は、理学療法学科の夜間クラスについてご紹介します。

当校は千葉県で唯一の夜間クラスがある専門学校ですが。

さて皆さん、

夜間クラスの学生はどのくらいの年齢層が多いと思いますか?

 

私は当校に赴任するまでは、社会人経験者が大多数だと思っていました。

でも実際は高校新卒生が半数を占めているんですよ!

百代1

もちろん製造業や金融業、サービス業、農業、公的機関など、

様々な業種から理学療法士を目指して入学される

20代から50代の社会人の方も沢山います。

 

夜間クラスの魅力は、そんな年齢も背景も多種多様な人達が

「理学療法士になる」という同じ目標を持つことで出会い、

お互いに切磋琢磨しながら頑張っているところだと思います。

 

もちろん、大変なことも沢山あります。

昼間は病院や飲食店などで働き、

平日は毎日18時から21時過ぎまで学校で勉強をする、

これを4年間継続するのは身体的にも精神的にも本当に大変です。

 

仕事がハードだった日は教室の机に着いたとたん、

急激に眠気がなんてこともありますよね。

それでも襲ってくる眠気と闘いながら、

一生懸命授業を聴講している学生の姿に、

頑張れ~!といつもエールを送っています。

 

先日、ロシアの世界名門バレエ学校

ワガノワバレエアカデミーを取材したドキュメンタリーで、

校長のニコライ氏が

厳しい国家試験に挑む若きダンサー達に言っていました。

「バレエの世界には才能や奇跡なんてない。成功するにはただ努力あるのみだ!」と。

 

運動学を学んだ目で見ると、

プリンシパルの身体はまるで奇跡のようです。

しかしその奇跡の身体を創りあげるためにできることは、

やはり日々の努力しかないんですね。

世界の名門でも市井の人でもやるべきことは同じようです。

コツコツと日々の努力を積み重ねる。

その気持ちを忘れず一緒に頑張りましょう。 

 

百代2

八千代リハビリテーション学院理学療法学科夜間コースは、

千葉県で唯一、夜間に学べる理学療法学科です。

⇒⇒⇒詳細はこちら

卒業学年の就職活動も真っ盛り

 こんにちは。理学療法学科卒業学年担任のHです。すっかり梅雨も明けて酷暑が連日続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?来年3月に卒業を迎える卒業学年は、現在の酷暑にも負けない気持ちで就職活動に取り組んでいます。7月下旬に第1回目の就職説明会が本学院で開催され、関東近県から150ヵ所を超える病院や施設にご参加頂き、就職に向けた活発な質問や説明が行われました。この機会をきっかけに学生の姿勢も大きく変わり、学内にある就職に関する掲示板や情報端末の活用をはじめ、実際に病院や施設に見学に行くなど、前向きな取り組みがみられています。 

1

学内の廊下にある就職に関する掲示板も

求人情報が多く貼り出されるようになってきました。             

 

2

図書室にある就職情報に関する情報端末(パソコン)で

さらに詳しい情報検索をすることができます。

 

  特に今年は新型コロナウィルスの感染拡大による影響もあり、今後も不透明な状態が続くことが予測されるため、就職活動も早いうちに取り組む傾向にあります。本学院は開校以来、100%の就職率を誇っています。卒業学年の学生が4月から良いスタートが切れるよう、学院の教職員が一丸となって応援していきます。

 がんばれ卒業学年のみんな!

今、私たちが心がけられること

 皆さんこんにちは、OT学科教員の柴田です。

 今や、コロナによる影響で、感染予防にマスク着用は欠かせなくなっていますね。  マスク着用により、教員としても皆さんの表情が今までの1/3程度しかみることが出来ません。同じく皆さんにとっても、教員の表情を確認出来るのは、目元周辺だけになってしまいましたね。

見知った人同士であれば、その人の人柄や性格なども分かった上で接するので、大きな変化はありませんが、まだ話をしたことがない相手や、初対面の方がマスク着用だと、中々その人の様子を伺うのに苦戦しませんか。                 目元だけでその人の印象を読み取るというのは、結構難しいことだと思います。

 「マスクの下でも笑顔を」というのは、聞いたことがある人も多いと思いますが、感染予防でマスク着用を基本としている今、医療人として作業療法士・理学療法士を目指す皆さんにとっても改めて心がけることの一つかな、と思います。           表情がマスクで隠れてしまう分、少しでも工夫できることや補えること、気をつけた方が良いことはないかな、ということも少し考えてみてください。 1

無理に表情を作る必要はないと思いますが、「会話や動作・表情が自然で、場に応じた適切な態度をとる」というのは、コミュニケーション技法の中でも技能面として含まれてきます。                                 日頃からの元気な挨拶を心がけるのと同じく、本学院の学生が療法士を志す人として、自然で表情豊かな人間性も養っていってくれると嬉しいなと思います。就職活動を控えている学生にとっても、是非一度自分自身を振り返ってみてください。

 臨床では、対象者やご家族も私たちのことをよく見ています。信頼できる療法士か、不安を受け止めてもらえそうか、本音を伝え頼っても良いか…、色々な意味で、私たちは常に見られている立場にあります。

コロナによる影響で感染予防の徹底と、生活様式の見直しが求められている今だからこそ、これからの医療人として、私たち自身のコミュニケーションや態度についても柔軟に見直す必要があるように思っています。

3

元気な心に伴うマスクの下の自分の表情、これからも大切にして過ごしていきましょう。

 

 

贈る言葉

 

①扇

卒業おめでとうございます!!

担任として皆さんが卒業することを喜び、ほっとしている反面、今日で皆さんと一緒に過ごす時間が最後となり寂しく感じています。

学院生活を振り返って特に私が皆さんの成長を感じているのは、理学療法士になるための知識・技術面だけではありません。精神面も大きく成長したと感じています。
学院祭などのイベントを通じクラスが一致団結し、本音でぶつかり合えるようになったと思います。また3年生の国試対策では、『100%の合格を目指す!!全員合格』と目標を掲げ取り組み、成績が伸び悩むクラスメートにはクラス全体でどうすれば全員で合格できるかを本気で考えていました。その姿を見て相手を思いやることができる本当にいいクラスになったと感じました。

今日から理学療法士として目指した道、夢が具体的に始まり進んでいくことになりますが、この3年間で培ったものを忘れずに患者様のリハビリに全力で取り組んでください。
皆さんが活躍することを見守っています。

理学療法学科 昼間コース
3年1組 担任 藤枝寿光

②藤枝先生

 

みなさん、卒業おめでとうございます!
この3年間、とにかく『元気いっぱい!』でしたね。3年前、入学式の日、すぐにみんな打ち解け合って、楽しくワイワイしていましたね。初日からというのはあまり目にしたことがないので、「元気よすぎる~!」と、それからの3年間を楽しみに感じていました。そんなみなさんの卒業が喜ばしい反面、とても寂しいなぁ・・・という気持ちです。
4月からはいよいよ、理学療法士人生がスタートします。楽しいこと、嬉しいこと、辛いこと、苦しいこと、いろんなことがあると思いますが、持ち前の元気さを活かして、たくさんの患者様・利用者様の支えになっていってくださいね。
次に会うときは、同じ理学療法士同士ですね。また会える日を楽しみにしています! (^^)/

理学療法学科 昼間コース
3年2組 担任 本宮丈嗣

④本宮先生

 

理学療法学科 夜間コース 13期卒業生の皆様へ

ご卒業おめでとうございます。
入学してから4年間または5年間、本当にお疲れ様でした。
仕事やアルバイトをしながら本当に良く頑張りましたね。
眠気と闘いながら授業を受けている皆さんの姿が目に浮かびます。
そんな辛かった日々を仲間と乗り切って卒業に至ったことを、誇りに思ってください。

私自身、教員1年目で担任を持ち、皆さんにはいろいろと迷惑をおかけしました。なかなか皆さんに目を向けられずに突っ走ってきていたように思います。
そのせいか、13期の夜間コースは個性の際立つ方々が居る中(笑)、まとまりのあるクラスになっていました。
皆さんと接していく中で突っ走るだけでなく立ち止まってみること、任せてみることなど学生との距離感や接し方を皆さんから学び、教員人生の貴重な経験をさせてもらいました。

今後は一人ひとり違った道に進みますが、皆さんの活躍を楽しみにしています。

卒業おめでとうございます。そして、ありがとうございました。
またいつかどこかでお会いましょう。

理学療法学科 夜間コース
4年 担任 宮野慎太郎

 

⑤宮野先生

 

⑤宮野先生?

みなさんご卒業おめでとうございます。
まず、今年は、世界中で新型コロナウイルス感染が流行し、様々な企画やイベントが自粛され、卒業という節目を心待ちにしていた皆さんにとっては、残念さが残る年になってしまいました。
また、卒業式や謝恩会に向けて、国家試験対策と併行して様々な準備をしていた方々にとっても、開催ができずとても残念ですが、これまでの準備作業に関しては対応頂き、ありがとうございました。
作業療法士・理学療法士を志し、本学院に入学してから、これまでの学修とは異なる、医療福祉関係の知識や技術の修得に、時には大変な経験をしたこともあったと思います。学内の授業だけでなく、臨 床実習でも、個々人がそれぞれの課題に直面したことと思います。
本学院を卒業する皆さんは、これまで自分が学んできたことを、これから過ごす時間や社会の中で大いに活かし、それぞれの目標や理想に向かって励んでください。そして、在学中に一緒に過ごしてきた 仲間同士、これからも互いに助け合い、支え合う関係でいてほしいと願います。
もしも、これから先の時間の中で、困った時はいつでも学院に顔を出して下さい。
そして是非、上手くいっている時も、背中を追う後輩のためにも、卒業生として応援をしに足を運んでもらえたらと思います。
本日は、本当に、ご卒業おめでとうございます。

作業療法学科
3年 担任 柴田美雅

 

③柴田先生

 

⑥女子 写真

 

⑦ラスト 修正後 (2)

学院祭を開催しました!

学院祭を11月3日に開催しました!

多くの方にご来場いただきましてありがとうございました。

雨予報にもかかわらず、皆の願いが叶い天候の崩れはなく実施することができました。

 

各クラス様々な出店の様子です。

 

1

2

3

4

 

講堂ではバンド・カラオケ大会・女装コンテストが開かれました!

 

5

7

8

 

 

体験コーナーではグループ病院のリハビリスタッフが、機器や測定結果の説明などを行って下さいました。

ご来場の方々には、とても関心を持っていただけた様子です。

 

9

10

 

 

11月2日に八千代市内で行われた認知症啓発活動RUN伴(ランとも)の紹介も行われました。

 

11

 

 

 

来年もこのような学院祭を開催できたらと思います。

その際は、またぜひ足を運んで下さい。

 

 

 

学院祭が開催されます! その2

学院祭まで1週間をきりました。

各クラス着々と準備を進めています。

 

前回紹介したドライブシミュレータだけではなく、

「イン・ボディー」も宮野医療器の協力により体験ブースに設置できることになりました!

 

イン・ボディー

 

これがイン・ボディーです。

 

イン・ボディーは左右から伸びたアームを掴み体重を測定することで、重さだけではなく、脂肪量、BMI(Body Mass Index)、手足各部位の筋肉量などを測定してくれます。

なかなか体験できない機器です。ぜひ学院祭に足を運んで体験して下さい!

また、八千代・千葉みなと・松戸の3つのリハビリテーション病院に協力していただき、病院でも行う簡易式の認知機能検査や相談も承る予定です

皆さまのご来場をお待ちしております!

 

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー