八千代リハビリテーション学院

MENU

ヤチリハのブログ

八千代リハ 国家試験対策 作業療法学科名物

季節の変わり目肌寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか。

作業療法学科教員の勝木です。

さて、10月から2月20日の国家試験3月23日の合格発表に向けて国家試験対策がスタートしました。

 

今回は作業療法学科の国家試験対策の一部を紹介します。

国家試験は「個人戦」ではなく「団体戦」です。ひとりひとりが「必ず合格」することを目指し、クラス全体が「必ず合格」することを実現します。

その方法の一つが国家試験対策の「王道」のひとつグループ学習です。

グループでは過去の国家試験問題を解いて問題を解くために必要な知識を整理して一枚のポスターにわかりやすくまとめて「覚えるもの」をしっかりと覚えていきます。

 

Before

 1

 

 After

 2

八千代リハビリテーション学院 作業療法学科ではこのような、必要な知識を整理するグループ学習を1年生、2年生から行います。

調べる・まとめる・ポスターにするという「作業」とグループメンバーにポスターの内容を説明するという「表出(アウトプット)」とグループ内で「記憶」できているか確認し合い時間と作業の共有を繰り返しながら知識を蓄積させていきます。

 

3年生の国家試験対策が始まるころにはひとりでも多くの学生が「学び合う力」「調べて理解する力」「相手に伝える力」を育んでいけるように取り組んでいます。

 

今年の3年生を見ていると1,2年生のころから、しっかりとグループ学習に取り組んできたんだろうなぁと想像できるくらい良い感じでスタートが切れています。

 

あとは良い結果をだすだけです。

 

合格への道に近道はありませんが、日々の取り組みで確実に前進できています。

 

きついこと苦しいこともあるかもしれませんが、教員含め全員で2月20日まで走り切りましょー!

 

私は100%合格を疑いません。いまから合格発表が楽しみです。

作業療法学科 合格率100%です。ご期待ください。

【本校の国試の国試合格率はこちら】

【本校の学習サポートについてはこちら】

 

ランチタイム

作業療法学科教員の山下です。

新年度が始まり早くも3ヶ月が過ぎ、期末試験まで1ヵ月をきってしまいましたね。

現実逃避したい学生さんも多いかもしれません。

さて、感染防止の観点からの【黙食】は会社や学校、飲食店などでも浸透してきているのではないでしょうか?

当学院作業療法学科の1・2年生の昼休みの教室の光景です。

2 1

最初は数回様子を見に行き、黙食の協力を促していましたが、いつしか何も言わずとも黙食している姿に日々感心しています。

いつも率先して行動してくれてありがとうございます!

小さなことかもしれませんが、黙食を心掛け、続けようとしている皆さんの姿を見ることで、改めて自分自身ができる予防をコツコツと続けることが重要だなと感じます。

ストレスのかかる状況で日々新たな事を学ぶ皆さんが、少しでも安心して学院生活が送れるようにサポートしていきたいと思いますので、一緒に頑張っていきましょうね!

→→→作業療法士に興味ある方はこちら

→→→オープンキャンパスのご案内

 

嬉しいことがありました!

うさぎ

最近の遠隔授業なども勧められるこのご時世において、授業を行う中で悩まされることがあります。

それは授業資料へのイラスト使用についてです。イラストが載った資料の配布は問題ないですが、配信では問題になる場合があります。

私は精神面の作業療法を担当しており、説明する上でどうしてもイメージ化が難しく、イラストや動画に頼る部分が大きくなりますが、イラストに制限がかかるので結構困っていました。そんな中、中村ユキ先生の作品で「我が家の母はビョーキです」(サンマーク出版)は病気の特徴を分かりやすく漫画で描かれており、とてもイメージしやすく、イラストを使用したいと思いました。そこでダメ元で中村先生のHPからメールで相談してみたところ、すぐにご返事をいただき、授業資料への引用や授業配信にて使用許可が得られました。単純にとても嬉しい気持ちになり、中村ユキ先生のご厚意にとても感謝いたします。

そしてこのイラストを通して少しでも病気を持つ人やご家族の気持ちを授業へ反映できればと思います。

 

感染予防対策

作業療法学科は実習が終わり、国家試験対策に入りました。

グループワークで取り組むため、感染予防としてビニールシートを取り付けました!

手洗い・マスク・物品消毒。感染予防を行っていきます。

 

皆で楽しく作業活動!!

富本1 富本2 富本3

楽しく、あっという間に作り終えました。

 

 

富本4 富本5 富本6富本7

これから国家試験に向かって皆で協力して頑張っていきます。

 

 

⇒⇒⇒作業療法学科の詳細はこちら

八千代リハ 国家試験対策 作業療法学科名物

季節の変わり目

肌寒くなってきましたが

いかがお過ごしでしょうか。

 

作業療法学科教員の勝木です。

 

さて、10月から2月21日の国家試験に向けて

国家試験対策がスタートしました。

 

今回は作業療法学科の国家試験対策の一部を

紹介します。

 

国家試験は「個人戦」ではなく「団体戦」です。

ひとりひとりが「必ず合格」することを目指し、

クラス全体が「必ず合格」することを実現します。

 

その方法の一つが「グループ学習」です。

国家試験対策の「王道」のひとつです。

 

グループでは過去の国家試験問題を解いて

問題を解くために必要な知識を整理して

一枚のポスターにわかりやすくまとて

「覚えるもの」をしっかりと覚えていきます。

 

ポスターは

ただ教科書を写すだけでなく、

わかりやすく、つたわりやすく、まとめていきます。

そして、まとめたものは壁に貼っていきます。

 

なので、個性がでて斬新なものやカラフルでわかりやすいものなど

思わず笑顔になるようなものもたくさんあります。

 

一週間ごとに張り替えるのですが

1日目

勝木①

2日目

勝木④ 勝木③

 

3日目

勝木⑥ 勝木⑤

 

たくさん!!

 

調べる・まとめる・ポスターにするっていう「作業」

グループメンバーにポスターの内容を説明するっていう「表出(アウトプット)」

グループ内で「記憶」できているか確認し合い

時間と作業の共有を繰り返しながら

知識を蓄積させていきます。

 

まずは年内で基礎固めです。

 

合格への道に近道はないですが、

日々の取り組みで確実に前進できています。

 

きついこと苦しいこともあるかもしれませんが、

教員も一緒に100%合格を目指します。

私は100%合格を疑いません。

いまから合格発表が楽しみです。

作業療法学科 合格率100%です。

ご期待ください。

 

最後まで

読んでくださり

ありがとうございました。

 

⇒⇒⇒作業療法学科の詳細はこちら

作業療法学科、授業紹介

はじめまして、作業療法学科教員の山下です。

私は昨年9月から八千代リハビリテーション学院で勤務しており、あっという間に1年が経ったように感じます。

 

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、学生の皆さんも大変な思いをしながら学習していますね。

慣れないオンラインでの授業など、想像していた専門学校生活ではなかったかとも思いますが、そんな中でOTPTになることを目指して頑張っている姿に私自身も刺激を受けます。

 

私事ではありますが、昨年9月、教員として初めて担当した授業において、当時1年生だったOT学科の学生が終了後拍手をしてくれたことは、おそらく今後も忘れられない思い出ですね。教育に携わる人間として、学生と直接的に関わる時間はやはり特別な時間だなーと改めて実感しました。それ以降、休み時間や放課後など、用もないのに皆さんの顔を見に教室に行く事が多くあります。

学生からは「先生、暇なの?」と言われますが・・・笑

 

そんな心優しい学生達も今は2年生となり、より専門的な内容の学習を頑張っています。

 

こちらは私が担当する授業の風景です。

山下② 山下1

末梢神経の神経誘発テストという検査を行なっている様子です。

病気のことを知ることも重要ですが、実際に対象となる方へ実施する検査などは、自分自身で体験をすることも大切です。

学院での授業では、実際に体験をしながら学習する内容も多くありますよ。

 

学生達がコロナウイルスに怯えず、学校でもプライベートでも伸び伸び生活できる日常がなるべく早く戻ってくることを願います。

我々教員一同、皆さんの学院生活が有意義な時間となるようにサポートさせて頂きたいと思っております。

⇒⇒⇒作業療法学科の詳細はこちら

今、私たちが心がけられること

 皆さんこんにちは、OT学科教員の柴田です。

 今や、コロナによる影響で、感染予防にマスク着用は欠かせなくなっていますね。  マスク着用により、教員としても皆さんの表情が今までの1/3程度しかみることが出来ません。同じく皆さんにとっても、教員の表情を確認出来るのは、目元周辺だけになってしまいましたね。

見知った人同士であれば、その人の人柄や性格なども分かった上で接するので、大きな変化はありませんが、まだ話をしたことがない相手や、初対面の方がマスク着用だと、中々その人の様子を伺うのに苦戦しませんか。                 目元だけでその人の印象を読み取るというのは、結構難しいことだと思います。

 「マスクの下でも笑顔を」というのは、聞いたことがある人も多いと思いますが、感染予防でマスク着用を基本としている今、医療人として作業療法士・理学療法士を目指す皆さんにとっても改めて心がけることの一つかな、と思います。           表情がマスクで隠れてしまう分、少しでも工夫できることや補えること、気をつけた方が良いことはないかな、ということも少し考えてみてください。 1

無理に表情を作る必要はないと思いますが、「会話や動作・表情が自然で、場に応じた適切な態度をとる」というのは、コミュニケーション技法の中でも技能面として含まれてきます。                                 日頃からの元気な挨拶を心がけるのと同じく、本学院の学生が療法士を志す人として、自然で表情豊かな人間性も養っていってくれると嬉しいなと思います。就職活動を控えている学生にとっても、是非一度自分自身を振り返ってみてください。

 臨床では、対象者やご家族も私たちのことをよく見ています。信頼できる療法士か、不安を受け止めてもらえそうか、本音を伝え頼っても良いか…、色々な意味で、私たちは常に見られている立場にあります。

コロナによる影響で感染予防の徹底と、生活様式の見直しが求められている今だからこそ、これからの医療人として、私たち自身のコミュニケーションや態度についても柔軟に見直す必要があるように思っています。

3

元気な心に伴うマスクの下の自分の表情、これからも大切にして過ごしていきましょう。

 

 

作業療法士の勉強会って?

教員のTです。

今日は作業療法士の資格を取得してからどのような勉強をしているのか紹介したいと思います。

 

先日、千葉県作業療法士協会の

【聴こう、話そう、「他職種連携」~他職種連携それぞれの領域から~】に参加してきました。

作業療法士・理学療法士・精神保健福祉士の方々が参加され、各職場でどのように他の職種と連携をとっているか講義を聞いたり、意見交換をしたりしてきました。

利用者・患者さんの日々の変化を確認し、それを職場内で共有することで、事故を防ぎ安心して利用してもらえる環境を作ることができますが、情報の伝達漏れを起こさないように、各職種がうまく連携して行動することはとても大切です。

また、利用者・患者さんだけに視線を向けるのではなく、サービスを提供するスタッフ側にも目を向けて、安全に介助する方法を教えたり、身体を壊してしまわないように腰痛予防体操を行ったり、様々な形で連携をとっている意見を聞くことができました。

ひとつの職種だけでは、患者さんの生活全体を支えることは難しいです。様々な職種と家族も含め協力することで、関わっている利用者・患者さんが安心して生活できる場を提供できているのだと思います。

 

11

12

 

 

今回は託児サービスを用意していただき、1歳になる息子も一緒に会場に行きました。

共働きをしている家庭であったり、育休中だったりすると研修会に参加したくても難しいこともあります。

そのような人も参加したいときに参加できるような環境に社会全体が変化していってくれると良いなと思いました。

息子は休憩時間に皆に可愛がってもらい、“手引き歩き”(手を引いてもらって歩く)をほめてもらいとても楽しんでいました。

翌日からもたくさん歩くようになり“一人歩き”に向けてのいいきっかけになりました。

 

13

 

 

 

 

みんなで協力 わいわい

 今日は、作業療法学科(OT1年生の「リハビリテーションと作業療法」という授業がありました。この科目では「作業療法」について理解する為、グループに分かれて、OTがかかわる分野を調べています。調べる人、まとめる人、ポスターを書く人、イラストを描く人みんなで協力し合って作っています。

 自分の将来を少しイメージできたかな?

 来週は、発表です。

みんなハラハラドキドキ...

1 2

3  4

OT 橋本 知美 

生活機能演習の症例発表を行いました!

 

 

本年度は生活行為向上マネジメント(MTDLP)を使用した実習を行いました。

 

1週目は実習地で情報収集を行い

2週目は取得した情報を学院でまとめ

3週目は実習地で再度、情報収集を行い、まとめた情報を実習指導の先生や患者さんと共有するという流れで行いました。

 

学生のうちは身体機能に着目しがちですが、日常生活にも社会参加にも意識が向いた、良い実習になったと思います。

 

1

2

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー