八千代リハビリテーション学院

MENU

ヤチリハのブログ

グループ学習

理学療法学科の教員Fです。今回は12年生が合同で行うグループ学習について紹介させて頂きます。

 

この授業は2年生が1年生に対して各教科で理解しづらかった内容や実技のポイントなどを教える形で行っています。

そのため、企画や運営は主に各グループの2年生が行い、1年生が疑問を持って参加するという流れです。

この合同学習の主な目的は1年生の学習の助けであることはもちろん、学年を問わずコミュニケーションが取れるようになること、2年生は1年生の内容を振り返り、まとめた内容を相手に伝えることで知識の定着をはかっていくことです。1年生は積極的にわからないことを聞く態度を身に付ける練習にもなっています。

 

2年生がホワイトボードを使ってキーワードや図を用いながら一生懸命に教えている姿が目立ちます。

 

ブログ8

 

筋肉や血管の名前などを覚える『解剖学』や生命活動に必要な機能は何かを学ぶ『生理学』といった1年生には難しいと感じる教科が主な学習のテーマになっていました。これらは理学療法士や作業療法士の国家試験の主要な部分を占めています。そのため、学生は一生懸命に覚え方を学んでいました

ブログ9

これらはが第1回目のときの写真ですが1年生も2年生も楽しそうにグループ学習を行っていました。

ブログ10