八千代リハビリテーション学院

MENU

ヤチリハのブログ

理学療法学科夜間コースの紹介 ~担任から~

こんにちは。八千代リハビリテーション学院の理学療法学科夜間コース1年生の担任教員です。

私は今年教員になったのですが、実は当学院の卒業生です。私が卒業した学科は今担任をしている理学療法学科夜間コースで、懐かしさを噛みしめつつ教員1年生として学生と一緒に学んでおります。

夜間コースの紹介をしたいと思います。千葉県において理学療法学科の養成校で夜間コースを設置しているのは当学院だけです。夜間コースのメリットと言えば、やはり仕事をしながら通えるという点にあり、1年生のほとんどがアルバイトを含む何らかの仕事に就いています。しかし仕事と勉強を両立する為には工夫が必要であり、私のクラスでは、夜間コースの授業の始まる前の夕方の時間や授業の無い土曜日にグループワークをして教え合ったり、昼間コースの学生が作っている振り返りテストを毎週みんなで実施したりしています。

学生の仕事のスタイルは、日中に働きながら夜学院に来る人、21:15に授業が終わってから夜勤の仕事をして日中に睡眠をとる人、また、現役の学生は週3回半日程度のアルバイトをしながらじっくりと勉強時間を取る人など様々です。昼間部に比べると授業数が少なく進みがゆっくりしている分、自分に合わせた生活スタイルを選択できるというメリットがあります。

昼間コースに比べて社会人経験者の学生が多く、高校卒業してすぐに入学した現役学生達は毎日刺激をもらっているようです。急に10歳以上も年上のクラスメイトを持ったことで、目上の人と話すときの態度や挨拶の仕方など、特にコミュニケーションに関わる部分について学ぶことが多いようです。

理学療法学科夜間コースの入学試験には限定入学試験があります(作業療法学科昼間コース・理学療法学科夜間コースのみ)。限定入学試験とは、合格した場合に入学を確約できる方が受験でき、合格した場合は原則として入学辞退ができない選考方法です。選考方法は面接と書類審査の2つで、学科試験が無いというのが特徴です。詳細は学院ホームページから請求していただける学院資料の中に「学生募集要項」がありますので、そちらでご確認ください。

また、夏のオープンキャンパスに来ていただければ模擬授業や学院見学に加えて、夜間コースの学生から直接話が効けます。ぜひご参加ください。(夜のミニオープンキャンパスでは夜間コースの授業見学ができます)

夜の校舎